あなたは「働きがい」と「働きやすさ」の違いを知っていますか?

えっ!私の本を読んだのが、働きに来たきっかけだなんて!感激。大変だったけど出版して良かったなぁ…。しみじみ。

農チューバー仲間がなかなか増えず寂しくて、最近いじけ気味の寺坂祐一です。

やっぱり、本を通じての人とのご縁が出合いが広がるんですねー。『本を出版する、ということは自分の分身を生み出すこと』のよーな気がする。

■寺坂農園で働いてどうだった?2019_⑧は、中谷さん。

春から6ヶ月、寺坂農園でマルチに活躍してくれました。マジメで寡黙。すばらしい働きっぷりでした。

とてもうれしいのが「来年も来ます」っていってくれたこと。心強いわー、頼もしいわー。

■2年目のスタッフって、やっぱり一連の農作業をすでに覚えて出来るから、とーってもありがたい存在。

ましてや、毎年来てくれるパート・アルバイトスタッフは、大戦力。寺坂農園を大きく支えてくれています。

彼のような人に『寺坂農園に就職したいな』って、感じてもらえいるように労働環境・雇用条件を整えて、キャリアデザインを明確に提示して…。経営者がしっかりやらないとならんな。

■昨日紹介した本【これからの農業は組織で勝つ】藤野直人さん スター農家Hさん著 同文館出版 20pには、

「働きがい」と「働きやすさ」のバランスを取る

と書かれています。。続いて、『「働きがい」と「働きやすさ」の違いを理解する』ことが大事、と書かれています。詳しくはこの本を読んでみてくださいね。

これは深いぞ。そんなこと、考えたこともなかった…。これが農業における売上げとか生産力とか経営の壁ではなく、『組織作りの壁』っていうヤツか…。

寺坂農園で働くことによっての「働きがい(動機付け要因)」と「働きやすさ(衛生要因)」を紙に書き出し、しっかり考えていくのだ。

・働きがい→スタッフの満足度、モチベーション維持、自己実現、ビジョンへの共感、達成感など。

・働きやすさ→適正な労働時間、会社の明確な方針、適切な管理監督、人間関係…など。

↑次のテストにでますよ。しっかり組織作りするよーに。

はぁ…。なんか、今まで辞めていった社員、アルバイト・パートスタッフさんの顔を思い浮かべていくと…。

やはり、社長である私の器、思案深さが足りなかったんだな…、と反省でございます。まぁ、相手の幸せを考えてお互いの道を進んだだけ、というケースが多いけどね。

『人生は出会いと別れの連続だ』。
常に人の環境・ライフステージはって変化しますから。必ず、別れが来るのが人との繋がりである。

ですがいろんなご縁の中でも、次の年も、何年も働き来てくれるパート・アルバイトスタッフさんがいてくれるって、心から感謝です。

ましてや、帰属意識が高く、やるきのある社員さんに恵まれて、私は本当に幸せです。

■おっと。話がずれた。まとめます。

経営者は、『一度離れたスタッフがまた働きに来てくれる』ということは、超絶うれしいのだ!!ということです。

そのためにも、「働きがい(動機付け要因)」と「働きやすさ(衛生要因)」のバランスをとりながら組織作りを進めて行くのだ!

と、来年に向けて襟を正す、私でございます。

■あとがき

来年2019年の研修生・実習生、OJT研修。住み込みでのパート・アルバイトスタッフさんを、随時募集中ですー。LINE・FBメッセンジャーでお気軽に連絡ください。

メロン栽培を極めたい方、農業の6次産業化、食品加工の仕事に携わりたい方、農家の産地直送を学びたい方、集まれー。

北海道・富良野で熱く農業に燃えちゃいましょうー。

最後にしっかり求人募集をする、しっかり者の社長でした。ちゃんちゃん。

#あなたも寺坂農園で働こう
#農チューバー