「社長っ!帯広競馬場から電話が来ました!」

 
選果場に販売スタッフの笹原が顔を出し明るく言った。
えっ?!ばん馬か…俺もついに馬主に?!
 
おはようございます。今日はオフ。自宅にて大掃除を迎え殺気立っている妻の手伝いをするか?我が道を行くガンプラ制作に没頭する1日にしようか本気で悩んでいる寺坂祐一です。
 
先日、帯広競馬場から寺坂農園に電話がきた。ばんえい競馬で有名な競馬場からだ。
 
マジか?!ばん馬ってあの巨大で筋肉隆々、重たいソリを引っ張る競走馬だ…。
一体、一頭いくらするんだろう…。日高のサラブレットで数百万~うん千万円。委託費もかかるだろうし…。でも子供が喜ぶだろうなぁ…。なんか馬主ってカッコいいし。
 
脳内高速回転で馬主になった自分イメージが駆け巡る。
つーか、買えないしっ😆
 
「うちも『馬主にならないか?』って電話かかってくるようにまでになったか…。すげーな」
 
私はなんかプライドをくすぐられている感覚だ。すると笹原は
 
「社長、違います。お馬さんにニンジンを食べさせてあげたくて、規格外のニンジン欲しくて電話してきたんです」
 
ズコッ!そっちかーっ😆
だよねーっ!うち野菜屋さんだし。
一瞬、夢見たわー(2秒くらい)
 
と、言うことで、ニンジンを低温倉庫から引っ張り出して痛みの出たヤツなど再選別、帯広競馬場に激安提供させて頂きますm(_ _)m
 
 
競馬場でのお話だと、今時期お馬さん用の規格外ニンジンがぜんぜんないみたいで「お馬さんにニンジンを食べさせたい」という優しい気持ちに少しでも寄り添えたら幸いです。
 
寺坂農園でお届けしているおいしいニンジン【ちはま】。規格外・廃棄分も捨てることなく、ばん馬さんたちにモリモリ食べてもらいますよー。
 
【ちはま】食べる馬ってグルメだねーっ。
来春、帯広ばんえい競馬が開催しレースでばん馬が重たいソリを必死に引っ張るレースを見たときは
 
「あのばん馬たちは冬の間、寺坂農園の【ちはまニンジン】たべてたんだー」
 
と、思いだしてくださいね。私も馬券買いに行かねばっ。ってもメロンで忙殺され競馬場にいけるかな…。
 
※「帯広競馬場のお馬さんにニンジン提供できるよー」という方がいましたら、メッセください!(>人<;)
 
ばんえい競馬、この北海道遺産を一緒に守っていきましょう。
 
「あんたって、ホントバカだねー。どうして『馬主』っていう発想になるのかが不思議だわー」
 
ちはまニンジン選別している専務(妻)から心を込めて言われてしまったのは本当の話です。
 
では今日も一日、ザグⅡの人生初☆サフ塗り挑戦にワクワクしながら、自分と自分の周囲の人がより一層豊かになるよう、自分の能力を発揮します!