アスパラガス栽培を種まきから挑戦!
発芽率98%を達成せよ。



こんにちは。寺坂祐一です。

えっとですね、ホワイトアスパラガスの直販・通販が人気でして足りなくなってきまして…。

さらにはホワイトアスパラガス畑も8年目に突入。これから株が弱って収穫量が減ってくる年数になったこともあって…。

でもでも、産地直送農家としてこの感動の味覚、お客様のご要望にはお応えしたいわけで…。

決断。
メロンハウス70mの4番ハウスを、ホワイトアスパラガス畑に転換するのじゃ!

んで、10日の日にメロンと一緒にアスパラガスの種まきをしました。

アスパラガスの苗立てまで、自分でやっちゃいます。

購入苗だと楽なのですが、苗半作。しっかり良い苗から自分で育てたいのです。

しかもしかも、この今回タネの播いたアスパラガス。本格収穫が始まるのは2年後の2022年!(その間、管理作業だけで収入無し…うぅ…😓

なので、本来ならそうだなぁ…。3月に種まいて苗を育て、6月に畑に植えて株を養成して、冬を迎え…。

来年2021年の春、芽吹いてきたアスパラガスを少しだけ約1週間だけ収穫してまた株を大きく育てるだけ育てて、冬を迎え…。

2年後の春、ようやく収穫が出来るのであります。私、その頃50歳になっちゃうよ…。遠いなぁ…。

ですが、来年少しでも多く収穫するために!2月の早い段階で種を播いて立派な苗を育てる。

そんでもって5月下旬の早めに畑に植えて夏の短い北海道大地で可能な限り大きく株を育て、来年の春に少しで良い品質のアスパラガスを収穫したい!という願望達成に向けて、2月10日や種まきしました。

さぁ、うまく苗立てできるかなっ?!

アスパラガスは発芽揃わせるのが難しいといわれているので、ここは腕の見せ所です。

土壌水分と温度に注意しながら、半月じっくり待っていると発芽してくるはず。のんびり発芽がアスパラガスなのです。

品種はガリバーを選択。
見た目が美しく、味もおいしい。収穫量も安定してるすばらしい品種でございます。800粒播きました。

タネの色が黄緑色なのは、

殺菌処理してあるのと視認性を高めるために着色してあると思われます。

アスパラガスの種の本来の色は、真っ黒です。真っ黒だとタネを1穴ずつ置いても、土の色と同化してみえづらく(笑)そのために着色していると推測されます。

さぁ、ドキドキ案件が増えました=ワクワクも増えました。人生にスパイスです(^^)/

では今日も農業を通じて、自分と自分の周囲の人がより一層豊かになるよう、自分の能力を発揮しますっ!

 

-----------

■LINE 寺坂農園公式アカウントはこちら♪
https://lin.ee/era1SYs
↑ 繋がってくださいねー(^^)

寺坂農園でもLINEをはじめましたー。

スマホの方は、友達追加♪

友だち追加

LINEで気軽に聞いてください(^^)

パソコンの方は、スマホでQRコードを読み込んでくださいね

上手く読み込めない方は、HPへアクセス♪
(https://lin.ee/era1SYs)

寺坂農園LINE公式アカウントQRコード

LINEでも、富良野や農園の様子、メロン栽培のおもしろさをお伝えしていきます♪
(一週間に1~2回、配信予定です)