メロンの栽培技術をアップデートせよ!
より美味しい富良野メロンへと昇華させるには、何をすれば良いのか?常に探求しつづけるのだ。

寺坂祐一です。

メロン栽培にまつわる技術は、総合的にバランス良く体得し、メロンの生育状況に合わせて対応していかなければ、人気があり評価・評判の良いメロンとしてお客様から選ばれない。

おいしさ・食味に一番影響するのは品種の選定だが、それを選び決めるの生産技術の範疇かと。

そして、その選んだメロンのおいしい品種(寺坂農園では、ルピアレッドフラーチェ青肉メロンはオルフェ)のおいしさ、甘さ、バランスの良い酸味を十分に引き出し、収穫ステージに持っていくのが、メロン栽培の一番おもしろいところなのだ。

自分はまだまだ、理想のメロン栽培を追いかける立場。

気がついたら28年もメロン栽培をしているが、今年もいろんな発見や気づき、めまぐるしく変化する気象条件とその対応などがあって、メロン栽培の奥深さを痛感しているところです😅

さらには、北海道の中心地、寺坂農園の育てる富良野メロンはすべてお客様へ直接お届けする、お取り寄せ・通販・直売所での100%直販。

すべて産地直送で全国発送されるメロンなので、とにかくおいしいメロン作りにはマニアックに執着し続けたいです。

もうね、完全にライフワーク。私の一生を捧げます。メロン栽培オタク!です。短縮して『メロオタ』です😄

ともかく、大事なのはやっぱり土作り。これは基本中の基本。メロン畑の土での物理性、科学性、微生物性の高次元バランスの探求。土は宇宙の世界、生命の神秘、母なる大地、神が創造された世界なのだ。

で、今回挑戦してみる、土に施用試験してみるのが【ネオカルオキソL3】‼️

この商品名、覚えるの難しすぎるぞっ💦
有機質肥料的アプローチではなく、これはメロン畑の土に対する科学的アプローチだ。なんと!土壌用酸素供給剤だとさー\(^o^)/

メロンの根は、酸素が大好き❣️
何年も栽培していすが、痛感するところです。豊富に空気が含まれている水はけの良い畑が大好きなんです。

「じゃぁ、酸素を直接畑に入れる方法って、メロンの根に供給する方法って無いのかな…。効くのかなぁ」

って、数年間もんもんと考えてメロン栽培したのですが、この度ご縁を頂いたマニアック肥料やさん曰く

「ネオカルオキソっていうのがあります。これはメロンにいいですよ!土の中で約3ヶ月ジワジワと酸素を放出し続けるのです…」

ホントか?!😅
では、比較試験してみよう!というのが、今回の取り組み。

裏面を観ると【過酸化カルシウム製剤(水酸化カルシウム24% 水酸化カルシウム34%)】って、書いてある。理科室での実験の時間みたいだ。

どうやって酸素が放出されていくのか、仕組みを聞いたのだが、よくわからなかった(^_^;)

10kg4000円前後、このハウスで3袋30kgの施用なので”コストかかる系”でございます。もったいないので、メロンの苗を植える周辺に手撒きで筋施用しました。

メロンと土の中の微生物君達にプラスになれば良いのだが…。

さぁ、今のところ生育に差は無いのですが、これからどうなるのか?!ワクドキでございます。

写真4枚目は、このネオカルオキソを散布して苗を植えて7日ぐらい経過。8月のお盆頃収穫予定の北海道赤肉メロンです。

また生育の様子をアップしますね😄
メロン栽培マニアック投稿にお付き合い頂き、ありがとうございました。

昨日、小メロン摘果4000玉作業、完了っ👍やりきったぜ!

今日は7月中旬収穫・産地直送予定の富良野メロン、4400玉分の着果枝整枝作業、チマチマチマチマやりきりますーっ

 

-----------

■LINE@ 寺坂農園公式アカウントはこちら♪
https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z 
↑ 繋がってくださいねー(^^)

寺坂農園でもLINEをはじめましたー。

スマホの方は、友達追加♪

友だち追加

LINEで気軽に聞いてください(^^)

パソコンの方は、スマホでQRコードを読み込んでくださいね

上手く読み込めない方は、HPへアクセス♪(https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z

LINEでも、富良野や農園の様子、メロン栽培のおもしろさをお伝えしていきます♪
(一週間に1~2回、配信予定です)