自分を支配する、変化対応できない本質的理由。

【チーズはどこに消えた?】スペンサー・ジョンソン著。
 
 
明けましておめでとうございます。年が明けても暮れてもガンプラ制作エアブラシ塗装に没頭し続けため軽くシンナー中毒になりながらも妻から子供からの冷ややかな視線にようやく慣れてきて『人は環境に支配され、かつ適応変化できる強さがある』という新年早々、学びを得た寺坂祐一です。
 
良いお正月を迎えました(^^)
 
いつもどおり毎日農園に出て野菜の保管状況チェックや番犬ハッピーの散歩しながらも、午後からはお正月時間♪
 
家族でカードゲームやったりNetflixでバイレット・エバン・ガーデン見たり、映画『えんとつ町のプペル』見に行ったり家族とゆったり幸せ時間を過ごしてます。
 
嫁さんが作る『とってもおいしい!お正月料理連続攻撃』に坑が得ず、運動もせずに自分時間はガンプラ制作ばっかりやっているので、体重計に怖くて乗れませんわ(^_^;)
 

■幸福感は、体重増加分の『○にくkg』として指数化できる。

 
↑寺坂祐一理論です。ちなみに年末年始で2.2にくkgとなっております。とほほ…。
 
そろそろ本題に。
 
2021年、1冊目に読む!って決めていた本はこれ。マイ本棚の蔵書エリア奥からから引っ張り出しました。
 
【チーズはどこに消えた?】スペンサー・ジョンソン著。
 
なんと!20年前の本。なつかしー!
 
 
私、この本を読んだときは産地直送・メロン直売所を始めて2年目ぐらいの時だった。
 
まだまだ直販に取り組むこと、未知なる世界に突入し闇雲に迷いながらも試行錯誤していて不安と怖れにプルプルしていた28才でした。
 
「直販始めて2年目、今年は売れるのだろうか?」
 
「周囲の農家は稲作やタマネギが伸びていて規模拡大していっているけど、自分だけこの方向でいいのかな…」
 
「経済はデフレ経済が深刻。メロンが売れ続けるのかな…」
 
不安と失敗したときの怖さに震えながら農家が取り組む産地直送2年目の頃でした。
 

■その時に出会って、すんごくすんごくすんごく勇気をもらったのがこの本「チーズはどこへ消えた?」でした。

 
【あとがき94pから引用】→中心部の物語はごく単純だ。二匹のネズミと2人のこびとがチーズを求めて左右往生するだけである。
 
たった50pの物語。
 
だが、思慮深く社会を人生を見つめ直し、考えさせられる。どころか、自分自身が行動し変化していく勇気をもらえる本。
 
久しぶりに読んだが、2021年になっても中身に古さは感じられない。どころか新しささえ感じる。今の時代を予見しいるかのような物語だ。
 
この本で言う「チーズ」とは、生命に関わる、また自分の存在意義に関わるぐらい「大切なもの・大切なこと」のことだと私は解釈している。
 
20年間、私にとってのチーズは『メロン栽培』だった。31年前18才からずーっとメロンさえ育てて出荷して入れば、なんとか生活・営農ができたのだ。
 
しかし、社会環境は変化しデフレ経済が進行していく。あらゆるものが安く物価・商品単価が年々下がり続ける。
 
メロンも、当時栽培していたほうれん草も米もニンジンもジリジリと生産単価が下がっていく・・・。
 
怖くて耐えられず、実際経済的にも追い詰められて、私は単独でメロン直売所を始め通販での産地直送を始めるが、軌道に乗るのか?うまくいくのか?いつまで続くのかはまったくわからない・・・。
 
その時この本を読んで、「よし!やるぞ!怖いけど、とにかくやり続けるぞ!」とパワーと勇気をもらった本がこれなのだ。
 
3回繰り返し読んで、自分の心と対話していった記憶がある。
 
あれから20年経って今読み返してみると、48才の自分が読むとまたぜんぜん違った感覚、いろんな経験体験がよみがえってきて、薄い1時間で読めるような物語なのに、じっくりと3日かけて考え思い出に浸りながら、また未来を創造しながら読み続けました。
 
年始にこれを読んで良かった。
 
やんぞ!2010年。怖れは大事だが、怖れは幻想だ。今年の年末どうなっているのか?ワクワク妄想して2021年も充実した幸せな一年にするぞ!
 
嫁さんや社員さんにもこの本を読んで欲しい!
 
と、思うのだが、逆に不安がありまして…。実際にみんなが読んだあとに…(以下、妄想)
 
【社員さんA】→「よし、変化に対応すべくメダカ養殖業に転換しましょう!」
って言い出したり、とか、
 
【社員さんB】→「よし、寺坂農園を辞めて夢を叶えるんだ!」
とか、

【妻・専務】→「よし!執着を手放すわ。旦那と離婚してガンプラより私を大切にしてくれる人と結婚する!」
 
という展開になったら私、即死してしまうので、この本を薦めるのはためらわれるのだ(笑)。
 

■私がこの物語を読んでピンときたキーワード

 
・もし、恐怖がなかったら何をするだろう?
 
・最大の障害は自分自身の中にある。自分が変わらなければ好転しない
 
・変化は誰にでも訪れる。迷路に踏み出すときだ!
 

■今のあなたにとって「チーズ」とはなにか?

 
そんな視点で読み進めてみると、今の問題課題を打破するアイディアがわいて、行動出来る勇気がもらえるかもしれません。
 
新年明けまして名著のご紹介・感想シェアでした(^^)
 
---------
ちなみに写真3枚目は、私の足の爪。
 
 
元旦に酔っ払ってる私(パパ)は、ネイルカラーで遊んでいる娘に、
 
「足のネイルお願いしますー。左のテーマはキラッキラ。右のテーマはピッカピカでお願いしますー」
 
ってオーダーしたら、こうなった(ようだ)。
 
2日の朝目覚めて靴下はこうとしたとき自分の爪見てぶったまげたわ(^_^;)
 
あ、そういえば昨日酔っ払って・・・
 
えっとオカマになったわけではありません。この本読んで、そっちに進んだわけではありません。
 
※本文と足つめネイルとは一切関係ありません(笑)。
----------
 
それでは、今年もSNS等でリアルでもよろしくお願いします。
 
では今日も一日、アニメ『バイレット・エバン・ガーデン第7話』の展開にドキドキしながら、自分と自分の周囲の人がより一層豊かになるよう、自分の能力を発揮します!