苦しい農業にワクワクを見いだす人達。
よくこれほどまでに困難を乗り越えていくなんて…。新年1冊目に最適。前に進む力がチャージされる農業書だ。

【農業新時代】~ネクストファーマーズの挑戦~ 川内イオさん著

明けましておめでとうございます。
おかげさまでたくさんの人に助けられ支えられ励まされ2020年を迎えることが出来ました。ありがとうございます。

2020年は成長よりも「充実」を意識して、より農業に生きる気満々でございます。早くメロンを育てないなっ。

今年1発目の投稿はこれ!
農業の魅力、可能性無限大、おもしろさがギュッとつまった読むだけでより一層農業にワクワクしてくる一冊。

著者の川内さんのインタビューレポート、まとめ記述も見事。読みやすいしグングン読みたくなる。

この本の中で10名のイノベーター、異端者?!(失礼、賞賛です)変わり者?変人?!だけど実績出しまくり農業者が事例で登場。全編の取り組み在り方がおもしろいったらありゃしない。

私は発達障害+HSPで異端児で裏切り者検出モジュールによって裁かれてしまう社会不適合者。

そんなダメ人間だから無駄に遠回りするほうなので、わかるわー、なんかわかるわー、周波数一致感がある(笑)※この本に登場している10名はまともな方です。

■「世界一」の落花生で作る究極のピーナッツバター

参りましたm(_ _)m
自分も農業の6次産業化に取り組んでおり、今年は再加速させる気マンマンでワクワクしているところですが、この杉山さんには敬服致します。マジすごいから読んで!

■4年で500以上のカイゼン 東大卒「畑に入らないマネージャー」39p~

佐川友彦 さん登場!彼は素晴らしい人で私は人間的に惚れております。昨年秋に寺坂農園にお立ち寄り頂き、彼の温かいオーラに包まれて農業の見方が視野が広がりました。

農業はまだまだカイゼンの余地あり!って読んで気合い入る内容です。webで【阿部梨園の知恵袋】を検索して、ぜひ改善事例を見てみましょう。無料公開ですよっ。

■世界が注目する京都のレタス工場82p~

野菜工場なんて採算合うはずないだろー。が、持論。

農業者の私が無料の太陽光線、無料の水、受け継いだ土を使って生産していても厳しいのに、施設建てて電気照らして燃料焚いて…、ぼんやり想像しても無理かと。野菜は安すぎるし。

しかーし!この章を読んで「すいませんでした」である。研究心、探究心、改善の積み重ねでここまで出来るのか?って驚きでした。

■農業に新しいインフラを! 元金融マンが始める物流革命97p~

農産物流通プラットフォーム「SEND」を展開するベンチャー企業。

Shin Kikuchi 社長の理念、想いがビンビン伝わってくる農業革命。このような農家が助かる流通システムをあらゆる困難を乗り越えて築き上げた意志の強さ、行動力に感動します。

菊池社長の今後の展開にも注目です。農業界をもっと良くする。寺坂農園も絡みたいなぁ。地域農業をもっと良くするために何が出来るかなぁ。

■岡山の鬼才が生んだ奇跡の国産バナナ 182p~

圧巻。本当に?!という世界。
開いた口がふさがらない、とはこのこと。実績・結果が物語っているので、口をポカーンと開けながら読むべし。

まだまだ紹介したんだけど、もっと長文になっちゃうのでこの辺で。裏オビだけ引用しますね。
------------
●元エリート会計士が作る「究極のピーナッツバター」
●東大卒「畑に入らないマネージャー」500のカイゼン
●京都の自動化レタス工場が世界を席巻する日
●世界の一流シェフを魅了する「ハーブ農園」
●女性「未利用資源オタク」が切り開く新エコシステム
●アマゾンより早い野菜流通革命
ほか
-----------
新年明けて営農意欲アゲアゲになる一冊。テンション上がります。

「農業って大変だけど、おもしろくて可能性あるよね」

って言う方、全員に読んで欲しい一冊です。

自分、まだまだ本気度足りんな…。とこの本読んで率直に反省しました。

では皆様、今年もいろいろ本を紹介していきますのでよろしくお願いします(^^)/

今年もメロンと野菜の産地直送農家に命を燃やしますっ!