メーリークリスマス!
きたぞクリスマス。びっくりだ。もうこんな時期なのか・・・。
後1週間で来年2005年ではないか!!
おぉ、神よ。一年は短すぎます・・・。
哀れな私に後一ヶ月下さい(皆さんも一緒に祈りましょう)。

と、言うぐらい一年って早いですね。12月5日ぐらいまで農作業をしていたので、事務作業を中心とした雑務がごっちゃりたまっているのです。え~ん(T_T)
一応、神様にもお願いしてみたのだけれども・・・・やっぱり後一週間で来年だよね。
例年だいたい12月~1月中旬でたまった事務、決算をおこない、1月下旬で事業計画を立てる。そして2月、農作業に突入なのだ。あっとう間でしょうね。
こんなグチを書いている間にも思い出した。
年末調整の季節だ!(個人事業主らしい話題)これがやっかいなのだ。
まだ、パソコンの給与計算ソフトで源泉徴収を管理しているからいいのだが、給与計算ソフトと簿記のソフトの数字を正確に合わせ、個人別に源泉票を制作、そして納税。もう3年目になりますが、最初は何がなんだかわからなかったもんだ・・・・。交通費は雑費とか。
さぁ、全部やっつけるぞぉ!!と、いいながらもあきらめている自分がいます。とほほ。

そう、こうなったのも原因があります。
12月18日から2泊3日、函館に家族旅行に行ってきました。
年に一度の家族へのご褒美なのだ。富良野から函館まで、車で雪道8時間はかかるので、旭川から飛行機に乗り、1時間で函館!楽ちんで早くて、最高なのです。息子が胃腸炎にかかり、少し弱り気味でのスタートとなりましたが、夜には元気になってきて、夜は湯の川温泉。久々にゆっくりした時を過ごしました。海に浮かぶイカつり漁船の漁り火を見ながらの露天風呂、最高でした。
 2日目はドラえもん海底列車に乗って、青函トンネル海底駅へ。ドラえもんのイベントがあり、息子は大喜び。たまーに列車に乗るものよいもんです。
 ですが・・・平和は3日続きませんでした。
僕が息子の胃腸炎をもらい撃沈。病人状態のまま函館空港に向かい5時間飛行機を待った。息子と妻は待ち疲れ。僕はロビーの長いすで寝たきり・・・。16時30発の飛行機に乗ればすぐ帰れると信じ・・・。
が、猛吹雪の悪天候で、飛行機が次々に欠航。「私たちの飛行機は飛ぶのか?!」と、ドキドキして待っていたのですが、無惨にも欠航。飛行機に乗れると思っていた息子は「飛行機乗るぅ~!」と泣き出すは、北海道の端で、JRでも帰れない。私はヨレヨレ。
 結局ビジネスホテルに泊まって、次の日も大雪で遅れに遅れて、夜の飛行機でやっと帰ってきました。疲れた~!飛行機だとあっという間に着くので「こりゃいいわい」と思ったのですが、冬の飛行機は欠航が多いのね。函館~旭川間は一日1便しかないし。
まぁ、これも旅の思い出として、よい経験になりました(^_^;)
初めて乗る小さいプロペラ飛行機も不安でしたが、結構元気に飛んでくれたし。
結局3泊4日となり、余計なお金も使ったりして・・・小遣いなくなっちゃった。

こんな事もありより一層、雑務がたまっているわけです。はい。
気持ちを切り替え、かたづけます。年末の大掃除、手伝わなかったら嫁さんに怒られるだろうなぁ・・・・。