省力化・効率化の限界に挑戦です。

おはようございます。外仕事終盤戦(まだやってる)で体のあちこちが痛くて動く度にアタタタな寺坂祐一です。

やばい、12月になんぞ。積雪期・根雪になんぞ。今日明日が勝負だわ。
 
32棟あるビニールハウス、最後の1棟を巻き上げました(11月20日)。
 
春から質問のあった
「実際、どんな手順でビニールを天井まで巻き上げていくのですか?」
 
よーやく、完全解説動画ができたのでシェアします。こまかいコツ・テクニックがいろいろあるんだなー、って編集していて改めて思います。
 
ちょこっとでも参考になれば幸いです。農家じゃない方は「こうやって北海道の農家さんは冬に入る準備してるんだー」と知って頂ければうれしいです。
 
ハウスビニールを掛けたままにしておくと、雪で倒壊してしまうので、メロンの育苗ハウス以外は全部ビニールを片付けて積雪期・厳冬期を乗り越えるのです。
 
今、全力でやっている外の農作業は、この動画の最後に出てくる

『巻き上げたビニールを保護シートで包む作業』です。

この仕事が時間かかるんだわ・・・。パイプ一本おきにひもで縛って強風でばたつかないようビニールを包み保護していきます。

もうね、120mのハウスが16棟もあるから・・・。気合いと根性じゃ、今日も、やんぞーっ!

メロン畑で360度周囲を見渡しても、だれも農作業をしている人はいません・・・。トホホ…。

では今日も一日、暖かい室内でゆっくり読書をしたいなー、という願望を胸に秘めながらも、自分と自分の周囲の人がより一層豊かになるよう、自分の能力を発揮します!