日本古来の食文化を探求してみた。


寺坂農園が育てた富良野メロンとは違う、これは古くて新しい、おいしいフルーツだ。

日本にメロンを食する文化が広がる以前、国民から愛された果物『あじ瓜・甘露』の食レポ‼️

品種は『小林香瓜:こばやしかおりうり』。北海道むかわ町の小林さんが育種した、甘いあじ瓜です(^^)

正直、あじ瓜・甘露を食べたのは去年が初めて。この品種を育種している小林さんから送って頂いたものが初めてでした。

私世代だとちょうど、メロン産地歴史からみると、プリンスメロン・アンデスメロン・あと夕張メロンがブレイクした世代になるのかな?

甘露・あじ瓜とは、ほぼご縁のない人生を歩んで参りました。

ですが、人生とは挑戦の連続で、自分でおもしろいモノにしていくのですっ。

今年は、小林さんから試作で頂いた種、あじ瓜・カンロの品種『小林香瓜:こばやしかおりうり』を、当農園のメロン畑の端っこで2株、試作で植えてみました。

 

いやぁ~、成るわ成るわ(^o^)


作りやすい育てやすいですねー。一番果採りだけでしたが、上手に育てたら2番果も採れて楽しめそうです。収量性もありそうです。

メロンも美味しいけど、甘露・あじ瓜も“違った果物”としておいしいですね!

さっぱりしていて、おやつに最高です(^^)ちょっと“ねっとり”した食感もクセになりそう。

きっと品種改良されて、昔の甘露よりもかなり糖度が高くなっているんでしょう。

おそらく、糖度は13度ぐらいあったんじゃないかな。ちょうど良い甘さ、食感も“ちょっとねっとり感”あって、モチッとしていて、ほんと美味しかったです。

農園スタッフみんなで、おやつとして頂いています。社長の私としても、美味しく育ってくれてうれしいです。

販売は北海道内だけだと思うのですが、スーパーや道の駅で『小林香瓜』見かけたら、購入して食べてみてください。

あ、お年寄りだと懐かしんで喜ばれると思うなー(^^)おいしくなっていて、ビックリだと思うなー(^^)

北海道は赤肉メロン青肉メロンだけじゃなく、あじ瓜・甘露も甘く美味しい!!って評価・評判・人気が上がっていくことを願っています(^^)/