きっとこの情報・本が役立つ人がいると信じて。
しかしながら、これは…、どう紹介投稿したら良いか、難しい本だわ。

寺坂祐一です。

【毒親からの完全解放】~本当の自分を取り戻して、幸せに案る7つのステップ~ 影宮竜也さん著

えっと、乱読な自分です(^_^;)
この本の紹介、誤解された場合は、コメント欄が荒れそうだなぁ…。

※あなたが、お父さん・お母さんに愛されていて感謝していて親孝行を考えていて、ほか親戚とも良好な人間関係を生きている方は、ここから先は読まなくて大丈夫です(^^)
スルーお願いします!

長文で時間の無駄になるので、読まずに他の楽しい記事を見ましょう。

おそらく日本の社会で50人に一人、いや、実際はもっと多いんじゃないかな。親の呪縛、存在によって苦しんでいる人、に役立てば、と願って投稿します。

【人間関係 境界線の上手な引き方:おのころ心平さん著】を先月ぐらいにご紹介しましたが、それよりもかなり踏み込んだ心理解説・親子関係・人間関係の本。

今回、勇気を出してこの本をご紹介しますが、『私の親』については一切ノーコメントで。

寺坂農園がここまでやってこれたのは、私の両親から絶大な応援・支援を受けているからです。これが事実。感謝ですっ!(^^)/

で、内容はぶったまげ!の内容でした。
残念ながら現実いるんです、毒親って。程度もありますがこれは一定割合存在します。

そして、その毒親の元に生まれてしまう、親を選ぶことの出来ない子がたくさんいて、それどころか“自分の親が『毒親』と気づかずに苦しみ続けている人”がたくさんいるんです。

ニュースを賑わせていますよね…。
ネグレスト・過干渉・暴力・虐待などなど…。子供の幸せよりも自分の欲求を満たすために、子供をコントロールし続けて支配する親。

さらに『サイコパス(精神病質)型毒親』。最凶の毒親も100人に1人存在すると言われています。これ、結構な確率ですね。

子供に害を与える親【毒親】に支配されつづける人生を脱し、そこから抜け出し、『本当の自分の人生を生きるすべ』が書かれています。

2回も読み込んじゃいました。本の端は折りまくり、アンダーライン引きまくりでした。

平穏な家庭、一般の家庭で愛情を注がれて育った人には、まったく理解できないと思います。

メチャクチャで嘘だらけ、子供を支配し審判し監視し続ける毒親の家庭世界が、この本によって解説されていて、自立→解放への指南が書かれている。

では、気になった紹介したい文章だけを引用しますね。
----ここから-----

・毒親は「自分たちにとって都合のいい子供」を作り上げる

・毒親育ちの子供ほど、自分のことよりも家族のことを優先してしまう

・過干渉の毒親は支配的な親と同様、子供から主体性を奪う

・(親がサイコパスの場合)世の中には「絶縁」しなければならない親子関係もあります。

・毒親の思考パターンは「子供の人生は親のもの、親の人生は親のもの」

・「毒親と戦うことを覚悟したら、相手は親ではなく他人と思いなさい」

・毒親は、基本的に謝罪しません。驚くべきことですが彼らは「謝る」という概念を持っていません。

・あなたは常に毒親から支配され、毒親の井にそぐわなければ「しつけ」という都合の良い言葉でコントロールされてきました。

・毒親は子供に愛情を注ぐことが出来ない人種です。そんな人たちに、あなたの心の痛みを理解させることは、猿に人間の言葉を仕込むようなもので、徒労でしかありません。

・「親を許すことが大切」私はこの言葉が嫌いです(詳しくは本著を読んでください)。

・毒親に人生を奪われた多くの人が、常に親の審判と監視の中で人生を送ってきました。

・間違っても、サイコパスという人種に普通の親子の博愛を求めてはいけません。「親であっても逃げてください」としか言えません。

・勇気を出して「実家」という鳥籠から逃げる段取りをしましょう。

・「口を出してもお金を出さないのが親族」と思った方が安全です。

-----ここまで-----
衝撃的な文章が並びます。繰り返しますが「両親に愛されて育った方」には関係のない投稿ですので、スルーしてください!

「あれ?!私が今、人間関係で辛い思いをしているのは、ひょっとして毒親からの影響かも…」

「親がサイコパスの確率が1/100って、ひょっとして…」(本著にチェックリストがあるのでやってみてください)

「うちの親、愛情じゃなくて“過干渉”によって監視・コントロールかけているだけかも…」

と、感じましたら、この本を読んでみてください。人生が逆転するレベルで、大きな気づきをえられるでしょう。
あとは勇気を持って、行動することです。

出版者、アチーブメント出版!なんですね。すごい深い内容の実践書を出版してくれました。

最後にこの本にも掲載されている“ゲシュタルトの祈り”を引用し、この本紹介記事はおしまいです(^^)

-----ここから-----

私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。

私はあなたの期待に応えて行動するために、この世にいるのではない。

そしてあなたも、私の期待に応えて行動するために、この世にいるのではない。

もしも縁があって私達が出会えたのなら、それは素晴らしいこと。

出会えなくても、それもまた素晴らしいこと。

----ここまで------

あ、もう一つだけ!268Pエピローグから

“大人が変われば、子供はもっと幸せになる。”
“子供が幸せになれば、大人はもっと幸せになれる。”
“子供と大人が幸せになれば、毒親はこの世からいなくなる”

↑とっても共感です。私はイジメをこの世の中からなくしたい、って本気で思っています。これからも活動を続けていきます。
この本の紹介も、その活動の一環です。

-----------

■LINE@ 寺坂農園公式アカウントはこちら♪
https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z 
↑ 繋がってくださいねー(^^)

寺坂農園でもLINEをはじめましたー。

スマホの方は、友達追加♪

友だち追加

LINEで気軽に聞いてください(^^)

パソコンの方は、スマホでQRコードを読み込んでくださいね

上手く読み込めない方は、HPへアクセス♪(https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z

LINEでも、富良野や農園の様子、メロン栽培のおもしろさをお伝えしていきます♪
(一週間に1~2回、配信予定です)

北海道・富良野からおいしいメロン・野菜を全国にお届けし、お客様に「おいしいっ」と喜んでほしい』を理念と据え、産地直送に取り組む農業を続けています。