しくじると大変なことになる。それが【水落・水抜き作業】

北海道全体で、冬を迎える前に、大事な大事な準備作業なのだ。

11月に入ったら気温が氷点下になるのが当たり前になる。つーことで重要な作業が、水回り配管、ボイラーなどなどの『水抜き作業』なのだ。

もし、水抜き作業を忘れたり、しっかりと水が抜けていない配管部分やバルブ・蛇口があったとしたら…。

凍結で水が膨張し、水道管やバルブ・蛇口、ボイラーが破損。

水落を忘れていた場合は、水がシューッと噴き出して更に凍結。周辺が恐ろしいことになります。【氷祭り】に、なるそうです(^_^;)

水抜き・不凍液流し込みの作業が甘かった場合は…。翌春通水した瞬間、破裂し部分からモーレツに水が噴き出し、修理が必要になります。

もちろんこの作業、すでに11月上旬には完了済み。
これをしないことには、気温がマイナスになる度にドキドキして落ち着かないのだ。

父は水道工事会社で働いたいていたので、このへんはプロ。ずーっと寺坂農園の水道設備担当です。

ですが父親も年齢が73才。
いつまでも水道設備関係で頼りっぱなしとはなりません。

私達も覚えなければ!
ということで私と社員2人で、父から施設全体の冬期間対策、水抜き作業の一連を教えてもらいました。

寺坂農園の設備として、休憩所の水抜き方法、洗濯機の水抜き、共同台所・お風呂の水抜き法。混合水栓の取り外しと水抜き方法。

メロンハウスの温水加温ボイラー周辺の水抜き方法、不凍液の入れ方。バルブ各所の開放。メロン育苗ハウスの温水ボイラーの水抜き法と不凍液の入れ方、などなど…。

たくさんの水抜き箇所があってコツもあり、なかなか、覚えるの大変レベルでございました(^_^;) 

父は、毎年秋にこの水抜き作業をやっていてくれたんだね。ほんと感謝です!

これから来年春の通水、ボイラー始動作業と、秋の水抜き作業。自分たちでしっかりとやっていきます。

水抜き、水落し…。
忘れたところないかな?って、ちょっとドキドキしながら冬を迎える寺坂農園です。

すべて水落、水抜き作業がうまくいっていますように(>人<;)

追記:もちろん、農業機械の防除機ポンプ、背負動力噴霧機、水組みポンプなども、不凍液流し込んで対策バッチリです(^^)

-----------

■LINE@ 寺坂農園公式アカウントはこちら♪
https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z 
↑ 繋がってくださいねー(^^)

寺坂農園でもLINEをはじめましたー。

スマホの方は、友達追加♪

友だち追加

LINEで気軽に聞いてください(^^)

パソコンの方は、スマホでQRコードを読み込んでくださいね

上手く読み込めない方は、HPへアクセス♪(https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z

LINEでも、富良野や農園の様子、メロン栽培のおもしろさをお伝えしていきます♪
(一週間に1~2回、配信予定です)

北海道・富良野からおいしいメロン・野菜を全国にお届けし、お客様に「おいしいっ」と喜んでほしい』を理念と据え、産地直送に取り組む農業を続けています。