「ふざけんな、ふざけんな、みんないい思いしやがって」

↑わかるーっ。このオビの文句、ビビッとくるっ。
僕もウツになったときの心情を振り返ってみたら、この言葉、わかるー!

でもその時は、心の中ではセルフアタック(自分責め)が激しくそんな自分の本音も感じられなかった。うつ病は、自分の内側にどうしても向いてしまうから。

【うつ病九段】プロ棋士が将棋を無くした一年間。先崎学氏著。

私、将棋好きなんですよ!実は初段だったりする(^_^)v 今は、そんな実力無いけどっ。

先崎学さん。A級九段のプロ棋士。


僕が30代の頃(10年前ぐらい)、彼の書く週刊文春のコラムが大好きで、良く読んでいました。

彼はすっごい頭が良くて、確か米原永世棋聖のお弟子さん。感情豊かでステキな文章を書くプロ棋士。好きでしたね-。

週刊文春を読まなくなって10年程経過…。
将棋もやらなくなったので、将棋界のこともわからなくなっていました。

空港の書店ででぶらーっと本を見ていると、なんと!こんなタイトルの本が並んでいるじゃないですか…。

「えっ!?あの大好きな先崎さん、うつ病だったの?!」

自分も2年前にうつ病で苦しんだので、なおさらビックリした。うつ病にならないような感じの(失礼)明るく気持ちよい文章を書くプロ棋士ですから…。

羽生善治さんや佐藤康光さん、映画にもなった村山聖さんの陰になりがちですが、将棋界のトップで活躍している先崎九段がまさか…。

将棋界を震撼させた事件がありました。
2年前ぐらいだろうか…。あ、僕もウツになった頃だ。

【不正ソフト使用疑惑事件】


ちょうど先崎さんは将棋連盟の理事。もめにもめて荒れていたとき、深刻に事態の収拾にあたっていた先崎さん。

そして、何とか将棋界を盛り返そうと、将棋マンガの映画化に尽力し、イベントを引き受けまくって頑張り続けた結果…。

先崎さんはとつぜん、不安に包まれ襲われ取り込まれ、将棋の対局は負け続ける。惨敗が続くだ。対局では座っているのが精一杯という状態に。

そして、家から出られなくなる。
  ↑メチャクチャわかる…。

先崎さんの兄が精神科医で、すっ飛んできた。そこからうつ病であることを受入、向かい合い、自分と人生を理解し、回復への向けての、家族を巻き込んでの治療がはじまる…。

す・ん・ご・い、リアルな体験談だ。
もともとプロ随筆家の先崎さんが書いただけあって、わかりやすく臨場感豊かにビシバシ伝わってくる。

もう、共感するところばかりの回復物語なのだ。
 
こればかりは、実際にうつ病をやったことがないとわからない、ウツの経験がある人なら、その表現しきれない苦しさ大変さを、先崎さんは見事に文章で伝えてくれる。

また、先崎さんがうつ病回復へ向けて歩み続けているとき、将棋界は逆に【空前の藤井フィーバー】で大盛り上がり!っていうのが皮肉な話だが…、将棋界が盛り上がって良かった(^^)

うつ病になった時。その病を受け入れたとき。
入院したとき、クスリを飲んだとき。

その時の人間関係の変化。
助けとなったサポートと声がけと関わり。人間関係の距離感。

逆に、闘病中に追い詰められた関わり方や、心にマイナスに刺さる友人の発言。すんごいリアルに語っています。

またすごかったのが、回復期に噴出する『怒り』。
 
そのエネルギーのやりどころ、家族を巻き込んだ対応とかは、とにかくリアルな描写で(ノンフィクションだし)引き込まれます。

よくぞ!著者の先崎さんは、ここまで赤裸々にうつ病との関わりを正直に書いたもんだ。すごい。

僕には無理だな…。
私は、うつ病の時をなんか良く覚えていない(^^;)

早い時間、夜8時とか、とにかく眠剤で強制的に寝て。
まぁ、1時(深夜)に目が覚める。とーぜん寝られない。

外が明るくなったら、そのまま4時に畑に出てメロン収穫(笑)仕事に没頭…。

10時頃から胸が気持ち悪くなって、心拍数もあがり不安な気持ち襲ってくる。これがなんとも気持ちが悪くて苦しくて耐えられなかった…。

で、安定剤飲んだら、すーっと心は花畑の世界へ。そんでもって眠くなる…。午後~何もできない…ので帰宅、っても運転不可能にて妻の送迎〜。

夜ご飯食べて、眠剤飲んで、この世からいったんサヨナラ→眠りの世界へ。でもまた早朝覚醒して…

↑これ、無限ループの毎日。

の、くり返しか、覚えていない(^^;)けっこー絶望的だった。

 なんか、嫁さんと娘には苦労かけたなぁ…。それは覚えてる。

先崎さんも同じ感じだった、とは。
ただ私より酷い。かなり酷い。入院までしていましたから。

『うつ病とはなになのか?』
 
先崎さんは自身の経験から、豊かな文章力でリアルにわかりやすく伝えてくれています。

・家族に友人に、うつ病で苦しんでいる人がいる
・自分もうつ病&うつ病だった人
・今、頑張りまくっている人
・いま、落ち込んでいる人
・今、仕事や人生を“なんとかしよう”って頑張っている人

この本を読んだら、何かつかめると思います。
 
私は一気に読んじゃいました。とにかく、読みやすい、先崎ワールドの久しぶりに引き込まれました。

先崎9段、益々のご活躍を願っています!そして将棋界がもっと盛り上がって、多くの人に感動を与えて欲しいと願っています。

すごい壮絶な体験談のシェア、うつ病発症から回復までの日々を語った手記でした。

頑張るのをやめて、人生は楽しみましょう。←これができれば苦労しないんだけどね(^^;)

『本』ってすばらしい。
人類の英知が蓄積され時空を超えて、今を生きている私たちに恩恵を与えてくれる。感謝。

-----------

■LINE@ 寺坂農園公式アカウントはこちら♪
https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z 
↑ 繋がってくださいねー(^^)

寺坂農園でもLINEをはじめましたー。

スマホの方は、友達追加♪

友だち追加

LINEで気軽に聞いてください(^^)

パソコンの方は、スマホでQRコードを読み込んでくださいね

上手く読み込めない方は、HPへアクセス♪(https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z

LINEでも、富良野や農園の様子、メロン栽培のおもしろさをお伝えしていきます♪
(一週間に1~2回、配信予定です)

寺坂祐一

北海道・富良野からおいしいメロン・野菜を全国にお届けし、お客様に「おいしいっ」と喜んでほしい』を理念と据え、産地直送に取り組む農業を続けています。