寺坂農園が今年もメロン栽培に農業にと続けることができたのは、2冊目の本「農家はつらいよ」にも書かれていますが、実に多くの人に助けられたからです。

おはようございます。3日前に安い焼酎を飲み過ぎて酷い2日酔い…どころか3日酔いで頭痛にさいなまされ、ようやく今朝から本調子♪な寺坂祐一です。

もう、お酒なんて見たくもないよ…。(←大嘘)

ようやく!、いや、もうはや?!かな。
明日から富良野メロン「ルピアレッド」の初収穫となりますー\(^o^)/ヤッホー

さっきまでアスパラガスで奮闘していたような…。さぁ、気持ちも選果場も切り替え、切り替えじゃっ。

これも、これまで多くの人に助けられ、支えていただいたからこそ。

今年も33棟あるビニールハウスのうち、10番ハウスに看板が設置されています。写真一枚目です。

3年前の除草剤散布事件で犯罪被害にあったとき、年明けにクラウドファンディングを通じて経営回復支援をお願いしました。

そのリターンとして『看板設置権』選び、経営支援をしてくれた株式会社 農テラス 農業パーソナルトレーナー 山下 弘幸 (Hiroyuki Yamashita) さんの看板です。

この10番ハウスに設置されている看板は、圃場のほぼ中心部にあるため、作業などで通る度にこの看板を見て

「あぁ…、寺坂農園は多くの人に支えられて農業を続けることができてるんだ。ありがたいなぁ」

何度も何度も思うのです。感謝の気持ちが沸いてくる。

犯罪被害にあったときには、2000名を超える愛溢れる心優しい人から多大なる支援を受け、私は寺坂農園は救われ心も経営も両方回復することができた。

それをいつも思い起こさせてくれるこの看板。
手を合わせて拝んでいます。
寺坂農園の宝物です。

それだけではなく、年間5000名を超えるお客様が寺坂農園が直販・産地直送しているメロンやアスパラガスなど野菜を購入して応援してくれていることも、感謝の気持ちでいっぱいです。

いろいろありすぎるけど、産直農家をやっていて良かった。

みなさまへの恩返しは、本気でおいしいメロン・野菜を育て産地直送する農業道を極め続けることで継続し続けることで返していきます。

メロン初収穫前に感慨深い朝でございます。

んで、今日は3時半から農作業開始!

この時期恒例行事、ハウスの間への除草剤散布作業です。薄明攻撃!静かで無風、ビニールハウスが閉まっている安全な子の時間帯に、除草剤を散布して圃場をきれいに環境整備します。

雑草が生えると、病気やら害虫も増えるし作業もしづらくなって大変なことになりますから。

農場スタッフに、散布する作業手順とコツ、機器の調整をし注意事項などを伝えてGO!

私は待機なので圃場を見回りしながら、収穫が終わって伸び始めたアスパラガス畑へ。礼肥を与えた畑に水やり作業です。

ふぇ~、眠いよぉ~。
でも、水やり作業大好きー。
おお、メロンのトンネルも開けなきゃ!だ。

では今日も一日、寺坂農園が多くの人に支えられている事実を噛みしめながら感謝しながら、自分と自分の周囲の人がより一層豊かになるよう、自分の能力を発揮します!