苦節15ヶ月かけて、つっ…ついに校了っ!
達成感と燃え尽き感、安堵感に包まれてなんか力が入りません…。

おはようございます。メロン畑準備作業が進むなかで繰り返し校正作業もこなしながら、ようやく原稿から解放された寺坂祐一です。

やった。やり遂げたぞ自分っ\(^o^)/
よしよし、よくやったいい子だ(自分に対して)。
ご褒美に限定ガンプラ買ってあげよう(自己完結型するしかないんす)。

社長ってね…人から褒めてもらえることって無いんですよ。糾弾されることは多々あるのですが😅

3月に初稿を書き終えて、それからワードで修正1回目~3回目まで編集者とサポートしてくれた方とで原稿を回して仕上げていき…。

4月に入って校正ゲラ修正作業。
やっとおわったー、と思ったら4月13日に『再校ゲラ・修正反映版』か返ってきてまた赤ペン入れて修正、そして返送。

その間、編集者からワードであらゆる箇所での『気になる点と質問事項』がガンガン送られて来て、それに回答しながら進めていき、終わったーと安堵していたら…

14日にはPDFデータで『3校』が届いてまた校正!わぁお!その間も『気になる点と質問事項』のワードに回答入れながらでした。

こ、これで校了か…。
したっけ!17日金曜日の12時に『最終ゲラ確認PDF』が届いて

「13時までに確認して修正入れて返信ください。今日の夕方、印刷所に入稿して、それで校了です!」

うっわーっ!
超高速で原稿見たよ。んで、13時にPDF最終校をデータでアップして…。

17日金曜日19:25。
担当編集者さんから「さきほど、無事に作業が完了し、これから印刷に入らせていただきます。本当にありがとうございました!」

FBのグループにアップされて、つ、ついに校了!やったー!おわった・・・・。

もう、何回原稿を直したか、もうわかりません(^_^;)
それだけ、サポートの方と編集者さんの『よい本を仕上げる!』という最後の最後まで細部にわたっての配慮と執念に、驚きと感謝です。

お陰様で、大納得の本ができました。
きっと、読者の方に役立てる、面白く学べる本だと自負しています。

装丁も決まりました!
アンケートにたくさんに方にご協力頂き、また貴重なご意見まで頂いて反映させて頂きました。ありがとうございました。

装丁をA4印刷してハサミで切って組み立ててみました。なんか、実感がわいてきたぞ。

そうそう、B案になりました!
大満足の装丁です。この本の意図が伝わるといいなぁ。

本の仕様を報告させて頂きます。
——————-

『農家はつらいよ――零細メロン農家・年商1億までの奮闘記』

寺坂祐一 著

四六判 並製 472ページ 1,700円+税

5/13 発売開始 

——————-
分厚い本、ノンフィクション物語となっております。本2冊分が詰まっているので、その分修正・校正も時間がかかって大変でしたー。

すでに「農家はつらいよ」アマゾンで予約開始となっています(^^)

妻(専務)と社員さん、たくさんの農場スタッフさんが農園を取り仕切り作業を進めてくれたおかげです。ありがとう。

さぁ、これでメロン畑に集中できる!
燃え尽きている場合じゃないぜ。メロンどころかアスパラガス苗も暴れているし、ミニトマト「ほれまる」も立派になってきたし…。

私にとって出版も農業!
私の体験を皆様にシェアしたことによって、あなたがより一層幸せで豊かな人生を生きられるヒントになれたら、嬉しい限りです。