発酵肥料ボカシ肥、作り始めました。冬期間のお約束作業。メロン育苗ハウスのなかで作り始めました。

寺坂祐一です。
種菌は島本微生物工業株式会社のバイムフード。かぐわしい香りで安定した好気性発酵がするので大好きです(^^)


微生物の餌に上白糖を水に溶いて種菌に掛けます。甜菜糖蜜も掛けたかったんですが、まさかの受注ミスで後日混入します。


ボカシ費の原料は、マグロ粉末、スケソウダラ中心の魚粉末、大豆かす、菜種かす、カニ殻粉末、米ぬか、下川炭素、バーミキュライト、土、です。


水分は40%ぐらいに調整するよう、水掛けしながら混和。
スコップで切り返ししながら各素材を混和し、中にペール缶湯たんぽを2個入れて、発酵を促します。


新入社員さんとスタッフに、手順やコツを一つ一つ教えながらの作業です。


一番難しいのが水分量。水分が多いと嫌気性発酵気味になって臭くなる。腐敗?気味になるし、後の日天乾燥工程もかかる。


水分量が少ないと、発酵がうまくいかないか、逆に空気が多すぎて高温発酵コースで『焼けボカシ肥』になってしまいます。


「これぐらい…」という感覚でしか、伝えられないのが難しい。


ちゃんとやるんなら、すべての素材が1200kgだから、その40%の量の水を混和すれば…。ですが、面倒くさすぎてホースでジャーッと「こんなもんかな?」です。


足りなかったら、足す!でOKです(^^)


若者2人にスコップ作業を任せ、私は楽ちんしています。ヤバい、これだと太るなぁ…(^_^;)


あと、積み込んだ山にむしろをかけて保温も。気温が2重ハウスの中でも氷点下になるので、発酵が全体に広まるまで3日はかかるかな…。


ワクワクするところです。生きた肥料ですね(^^)メロン畑の微生物性多様化を目指した。土壌系病気が抑制されるの期待した。


これも、甘い・おいしいメロン作り来年のため。お客様の「おいしいっ」という喜びをたくさん生み出す為に土作りをおこなっています。


うまく発酵したら、また投稿しますね(^^)

-----------

■LINE@ 寺坂農園公式アカウントはこちら♪
https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z 
↑ 繋がってくださいねー(^^)

寺坂農園でもLINEをはじめましたー。

スマホの方は、友達追加♪

友だち追加

LINEで気軽に聞いてください(^^)

パソコンの方は、スマホでQRコードを読み込んでくださいね

上手く読み込めない方は、HPへアクセス♪(https://line.me/R/ti/p/%40jpt1290z

LINEでも、富良野や農園の様子、メロン栽培のおもしろさをお伝えしていきます♪
(一週間に1~2回、配信予定です)