【やっぱり苦労しないとダメなんですね】
蘭越4Hクラブ、志高い農業青年
9名が寺坂農園へ視察に来てくれました!


最初、4Hクラブ会長の
木村 政義 (Masayoshi Kimura)さんから
 依頼の電話もらったときは…

「ごめんなさい、すんごい繁忙期で
メロンの直売所準備や、収穫、発送で
立て込んでいるので1時間ぐらいなら…」

って、引き受けたのに…
2時間近く、熱く語ってしまった(^_^;)
てへっ。

だってー、若き農業青年9名が
ずーっと、真剣に
話を聞いてくれるんだもん。

質問も鋭くて、長々と想いを
語ってしまったんだもん。

メロン生産者が3名もいたから
メロン栽培トークに
熱が入っちゃったんだもん(笑)。

えーっと、ご静聴ありがとうございました!

で、冒頭の質問。
たしか会長からの一言でした。
それに対する私の答えですが…
-----------
苦労している、そんな気持ちはない。
困難を楽しんでいる感じです。

メロン作りはハイリスクで難しい。
さらにその収穫されたメロンを
ロス無く高品質を維持しながら
お取り寄せ通販で購入してくれる
お客様へ直接おどけする。

こんな難しい仕事、誰でも出来ない。
だから、やる価値がある。
出来たとき、最幸の気分になれる。

困難だからこそおもしろい。
趣味はすべて『難しいこと』ばかり。
簡単な志事なんてつまらない。

私はメロン栽培と直販でお届けする
この志事が困難で難しいからこそ
カイゼンがいっぱい出来て成長できて
やりごたえを強く感じている。

ライバル・競合はいない。
あるのはお客様と従業員の家族
幸せの追求です。
-------------
時間が無いので、だーっと書いたけど
そんな答えをさせて頂きました。

『失敗しないように農業をする』
じゃなくて
『たくさん失敗するしかない』

それしか成幸する方法がないかも。
たくさん経験を積んで、
自分のスキルをあげて成長して、
社会に価値を提供し続ける、
人に愛される農業経営を目指して
ほしいなーって、思いました(^^)

あ、なんか今日、
マジメな事を書いちゃった。
お恥ずかしい…。

志高い9名の若い農業青年に会って
私のモチベーションがアップです。

蘭越町、いいな!
こんな農業青年がいるなら、
蘭越町の未来も明るいねー。
ご来園ありがとうございました。

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合わせを生み続けましょう♫
(^^)/