登山が趣味の私ですが…
実は、近く(といっても車で登山口まで車で1時間)の
大雪山系 旭岳を登ったことがありませんでした!

北海道で一番高い山。

日本で初雪が9月下旬に積もり
いつもニュースになる出る山。
あぁ、いつか登りたいっ!!

ロープウェイで山頂駅まで
そして周辺の遊歩道を
家族で回ったことしかなかったのです。

トウモロコシ第1期分が(僕らの11日間戦争)が
終わり、口内炎3つがようやく治った今。

天気予報を見て

「16日山岳部で旭岳登山だ!」

と、急に決めて、GOです(^^)
メンタルの癒やしにも、
登山は良いですしね♪
はい、登山療法の今季4回目です。

img_0778

出発しようとしていたら、
車のバッテリーが上がっていたりと
すったもんだで
7:40登頂開始!!

今回の寺坂農園山岳部。
ロープウェイに乗らないで、
下からアタックするドM組は3名。

もちろん私(社長)はドM路線です(^-^)

ロープウェイで山頂駅まで行き
5合目から2:30の程のコースタイムを
登っていくのが
女性を中心に4名。

合計7名でアタックです!

「山頂で11:30に待ち合わせね~♪」

ドM組出発。
p1050417cccc
登山口。

まずは5合目のロープウェイ山頂駅を目指して
ドンドン登ります。

img_0781sssss

途中の湿地帯も秋めいてきています。

えーっと、登山口駐車場に車がいっぱいありますが
だれも登っていません。
すれ違いません・・・

みんなロープウェイで登っているのね(^^;)

img_0788xxxx

3合目過ぎた頃かな・・・
紅葉です!!
1週間後(9月25日頃)が見頃かな…

山頂は雲で見えません(T_T)
天気予報、ハズレ。
晴れろーーーー!!

img_0794

5合目!!
ロープウェイ~山頂コースに合流。
9:10。コースタイム2時間10分のところ
1時間半で到着。

メッチャハイペース!!( ̄□ ̄;)

真ん中の通称『ぜんちゃん』は
昔、富士山トレイルランに出ていた猛者。
右の通称『ハマにい』は、
日本百名山制覇を野望とするスーパー健脚者。
2人ともフルマラソン何回も走ってるらしい。

その2人は、全然元気。

もうね、普通に早歩きで
ドンドン登っていきます。
必死について行った私。

この時点で、ワタシはすでに達成感抜群です!!

しかも、このうち一人は
2.7キログラムもある
スーパー超特大メロンを背負っての登り。

なんつー超人ぶり。
ハンデになってないし。
ここで ハマにい から ぜんちゃんに
メロン背負うの交代です。

img_0799

途中、姿見の池。
すんごく楽しみにしていたのに

霧の摩周湖

状態でした(T_T)
ここからの登りはガスの中・・・

登りはキツくなるのに
さらにペースは上がっていきます!!
ホントにメロン背負っているのかぁぁぁ?

するとなんと!
7合目超えたところで
ロープウェイ組4名と合流!!!

両方とも
「えぇ~!!ここで追いつくのぉ??」
驚きでした。

p1050446

気温13度。寒いよ~。
何も見えない~。

p1050447aaaa

今回女性のサポートに回った木村氏は
余裕の表情。
ずーっとキツい登りが続いています。

女の子には

「大丈夫、ダジョウブ。
ロープウェイで登って、そこから2時間で山頂。
楽勝だよぉ♪」

やさしく誘った社長(ワタシ)。

%e6%97%ad%e5%b2%b3

↑約2名がすでに疲弊(^^;)
しかも、社長をサギと訴える。

彼女がこの3回目の北海道登山で
山嫌いにならないことを、
心から祈る(>人<;)

「もう絶対、社長の言葉を信じない」

ワタシの信用は
旭岳7合目付近で地に落ちた。

p1050452

そんでもって、ここから7名のパーティーで
山頂を目指すかと思いきや…

「じゃぁ、山頂で」

容赦なくハイペースで登り続けるドM組(^_^;)
ワタシも。
彼女たちは木村氏が付いているから大丈夫。

ヒーハーしながらも
ユラユラと登るたくさんの登山者を
ドンドン追い抜いて山頂を目指します。

しかも、標高2000m超えて
空気が薄くなってきているのに

「足に乳酸がパンパンにたまってるぅ~」

%e3%83%a1%e3%83%ad%e3%83%b3

と言いながらも、
ペースを落とさずに登り続けます!
ホントにスーパー超特大メロン、
リュックに入っているのか?

そして登り続けて10:46。
着いたぁぁぁぁ!!!

img_0808

旭岳、2291m。着いたー!!
感激で涙が出そうです!!

コースタイム5時間半ぐらいのところを
3時間6分で登頂。
やったぁぁぁーーー!!!

って、何の競技だぁぁ!!(笑)

メロン収穫作業におけるスクワット運動で
鍛え上げた足腰が発揮されました。
体重が一夏で9kg落ちたし(^_^)v

気温10度。
風もあるので体感気温7度くらいかな。
寒いですわーーー。

そんでもって視界20m。
何も見えないわー!!

前回の芦別岳で、
運を使い果たしたな。

芦別岳山頂は、快晴過ぎて無風で
究極の天空世界だったことを
3人で懐かしく思い出した。

2016/8/10の芦別岳山頂。
   ↓

img_9513

    ↑
この山行で、運を使い果たしたんだな。きっと。

↑今回はこの右奥の大雪山系 
旭岳に登ったのでした。

そうそう、ロープウェイ組4名は…
約30分後に到着!!
\(^o^)/パチパチパチ!

頑張りました~!

p1050473

みんなで無事に登れて、良かったぁ~!
寺坂農園で育った富良野メロン
スーパー超特大メロンも
北海道で一番高い山、旭岳に到着です。

p1050478

やったぁ!入刀式ぃぃ!!!

p1050497aaaaaa

ジャジャァァーーン!!
今回は、青肉メロン オルフェ!!(規格外)
うんまいぞぉ~。

p1050502aaaa

寺坂農園山岳部、恒例の山頂メロン。
本当にうまい!
オルフェメロン、デリシャス。
脳みそとろけそうでしたぁ。

p1050506aaaa

スーパー超特大メロンだったから、
たらふく食べられました(^^)
これが下山エネルギーになる。うん。

お昼ご飯食べたら、
もう、ブルブル震える寒さ。
下山開始!!

ドM組は、走って下りますっ!!
テッテケテ~
ずーっと走って下っていきます。

途中、雲の隙間に入り、視界が広がる!!
8合目付近かな・・・

img_0819aaaa

おぉ~、こういう風景だったのか(笑)
噴火口からの「ごーぉぉー!!」
というジェット音が響き渡っています。

p1050539aaaaa

姿見の池も、結構見えました(^^)

快晴、無風の時に来たい。

p1050558aaaa

下山で湿原の木道を降りるワタシ。
もう、足がつる直前!
なんとか2人について行きました~。

p1050563aaaa

ロープウェイ駅、登山口に到着。
な、なんと、1時間55分で降りてきました。

いや、日本語間違えた。

駆け下りてきました(^^;)
すんげー達成感。

もうね、登山は楽しむものではなく
競技ですね。はい。

ロープウェイ組より50分も
早く降りてきました・・・

登山口はやっぱり暖かい。
山頂と大違い。
おそるべし旭岳。

そして最後は、お約束の温泉!
秘湯に行きましょう!
超☆おすすめ&お気に入り温泉へ。

p1050568
湯駒荘。
源泉掛け流しで、ぬるいお風呂が最幸なのだ。

p1050569

旭岳温泉日帰り入浴でしたら、ここです。
足の疲れをとり、
のんびり湯に浸かって癒やされました~。

あぁ、幸せだぁ。
素敵な7人と一緒に、楽しく登山できました。
競技的などM登りも、達成感最幸でした。
みんなと登ると、たのしいね。

良い思い出をありがとうございました。

次こそ、快晴時に旭岳、再アタックなのだ!

夜は栄養補給ぅ~

体に染みるぅ~(^^)

長文におつきあいいただき、ありがとうございます!
あなたに、登山のすばらしさ、伝わると嬉しいです♪