メロン除草剤散布全滅事件の裏側で…
8月3日に事件を公表した翌日、
4日にNHK北海道でテレビ放送でした。


 
これも夏の思い出。
NHK北海道のみ 8/4 11:30~
番組『つながる@きたカフェ』の
どさんこうまいべさマップ にて
寺坂農園が5分間ほど放送されました。
 
8月3日に事件をお伝えして
まさかの大拡散でニュースに
なっている最中に…
 
ひっそり(?!)と北海道NHKにて
放送されたのでした…。

 

この収録は事件前の6月下順でした。

我が町中富良野町の特産!
ということで、全面的にPRです(^^)
 
番組放送された喜びを感じること無く
夏が過ぎちゃった感じ…
まぁ、しょうがないよね…


 
でも、担当の今井レポーターさん
すんごく頑張ってくれて
いい番組になってうれしいです。
 
寺坂農園のメロン畑を案内し
当農園の特徴を伝えてくれて、
ありがたいかぎりです(^人^)


 
放送が8/4日で、
すでに6棟全滅だったので…
 
お取り寄せ通販のご注文、
反響に対応できなかったのが
悔やまれます…。くぅ…(>_<)


 
「嫌がらせの被害を受けましたが
乗り越えて頑張っていらっしゃいます」
 
番組の最後に今井レポーターさんが
伝えてくれました。


 
あらためて番組を観てみると、自分、
緊張して顔引きつっているなぁ…。
今年1回目の撮影だったからかな?
何回テレビ番組に出ても緊張するわー。
 
ちょっと変わった食べ方を、
ということで、

『半切りメロンの贅沢フルーツポンチ』
を作って召し上がって頂きましたー。
 
これは今井レポーターさんにも
大好評でした。
見た目もいい感じでしょ(^_^) v
 
無事に放送されて、中富良野町の
特産品&観光PRにもなって
少しは貢献できたかなぁ。
中富良野町長さん!観てくれました?
----------------

そしてもう一つ、NHK総合 サラメシで再放送!

2017年8月29日放送 20:15 – 20:43 
でした。


 
↑これ、自分でも忘れていて…
録画するの忘れていたー(T_T)
2014年収録のを再放送でした。
 
ですが、
FB友達からの教えてもらったんですが、
最後にナレーションの中井貴一さんから
「事件を乗り越えて頑張ってください」
とメッセージがあったようです。
うれしいっ!
 
8月はこれでなんと!
4連チャンテレビ出演でした\(^o^)/
すごいなーてらさかのーえん。
 
ほんと、メロンの全滅が悔やまれる…
人生、いろんなことがあって、
なかなかうまくいかないものですなぁ。
 
いや、ここは!
来年のメロン作りの意気込みとし
大人気で絶好調な売れ行きを夢見て、
これから前を向いて農業するのだ。
 
■8月4日にNHK北海道の
【つながる@きたカフェ】

 
■8月19日全国放送
【旅サラダ】
日本縦断コレうまの旅

 
■8月16日 関西テレビ
【よーいドン】織田信成さんが
レポーターで来たっ!

 
■8月29日 NHK全国放送
サラメシ スペシャル!
再放送で焼きトウモロコシおにぎり。

↑懐かしい…3年前、2014年の収録・放送でした。
 
8月テレビ4連チャン出演の
お話でした。寺坂農園、
がんばってるでしょ~p(^-^)q
 
今日も総力戦で、
トウモロコシの収穫、箱詰め
選別作業をガンガンです!
お取り寄せ通販のご注文分
ドンドン発送していきます(^_^)/
 
朝の冷え込みがしっかりしてきたので
トウモロコシが甘くなってます。
ご期待をっ。
 
では今日も農業を通じてたくさんの
仕合わせを生み続けましょう。

気温10度。さっぶーい!!
朝露が冷たいッ!



甘〜いトウモロコシ収穫できます^_^
やんぞーー(^o^)

8月中旬4品種で一気に攻めてきました。
これがまた、うまいんですわー!(^o^)


トウモロコシ収穫2日目。
スタッフみんなでトウモロコシ畑
ジャングルの中、もいでますっ!

メロンが終了し
トウモロコシに集中している現在ですが
今日はメロンネタです(^-^)
夏のメロンのおもひでをシェアします。

そうなんです、またメロン道場破りが!
小林 朋導 (Tomomichi Kobayashi)さんが
4品種連続アタックできました。

当農園は2玉しか送ってないのに…
ありがとうございます(^人^)

寺坂農園はメロン専門農家なので
やはり、いろんな種類のメロンに
とぉーっても興味があります!

8月中旬に4種類も送ってくれるなんて
ありがたい限りです。
スタッフみんなでいただきました。

で、届いたメロンは…
■味瓜 ともりん(メロンじゃないか…)
■IKメロン(伝説の赤肉メロン!)
■白肉メロン【グランドール】
■青肉メロン【肥後グリーン】

このうち、味瓜ともりん と
IKメロンは、小林農園さん自身で
育種した品種なのです!すげーっ!

おやつ時間のたびに、みんなで
おいしくいただきましたよー。

 

【1】まずは、味瓜ともりん。

味瓜…って、食べること、ない!
まずない!これは珍しいぞ…


昔メロンが無かった時代は
この味瓜を食べてたんでしょうね…。
食べてみると…

さっぱりの甘さで、おいしいー!!
“瓜”ってい感じがあまりしない。
メロンとは違うけど、おいしい果物。
若干ふわっとするような食感もグー♪
勉強になりましたー。

 

【2】赤肉メロン IKメロン

夕張メロン並ぶ、伝説のメロン品種。
20年前ぐらいまで、かなり産地が増えた
赤肉メロンブームの引き立て役!


久しぶりだぞ、IKメロン♪
食べてみると~。
とろける食感が、たまらない!
糖度もバッチリ1あって
とってもおいしかった~。

さすが、育種した農家さん
自身が育てたIKメロン、
おいしかったです!!

 

【3】白肉メロン グランドール

白肉メロンなんてあるんだー!!
べ、勉強不足でした。

割ったらやさしいベージュ色。
食欲がかき立てられます。
一口食べて「あんまーい!」

スタッフみんな、パンチ力ある
甘さに驚きましたー!
糖度は17度以上…あるんじゃないかな。
あまいっ(^o^)

そしてお味は、梨のような感じ。
これがまた、いいのさー。
メロンと梨を足したような果物。

おいしくて皆競い合うように食べて
すぐに無くなる人気ぶりでした。

 

【4】青肉メロン 肥後グリーン

もうね、これ、ずば抜けNo.1。
写真4枚目の手前のカットメロンがそう。

やっぱり青肉メロン!
上品なおいしさ、とろける食感
しっかりした甘さ。
さわやかな後味…

これがずば抜けておいしかった!!
\(^o^)/すごいー
決して高級品種ではない肥後グリーン。
ですがこの旨さは格別です。

あぁ…全滅した約2000玉の
青肉メロン、オルフェメロン。
それを思い出すよ…。

当農園でお届けしている青肉メロン
オルフェメロンと同じレベルの
とーってもおいしいメロンでした。

 

来年、リベンジだ!逆襲だー

この悔しさ(除草剤散布全滅事件)
をバネに、来年、もっと
おいしいオルフェメロンを育てて、

そして、
『逆メロン道場破り』で小林農園さんに
一方的にメロンを送っちゃうのだ。
うん、来年の目標ができた。

個性的な4種のメロン、
道場破りでしたが…
おみごとでした!<(_ _)>
おいしすぎですっ!

なんかこう、レベル高いメロンと
出会うと、ライバル心っていうのかな。
熱く燃えてくるものがあります。

今から来年のメロン作りが
楽しみになってきました!
よい刺激を頂きました。

今日はメロン道場破り、
まさかの4品種連続アタックを
受けたお話でした。

今日は終日、トウモロコシの選別
お取り寄せ通販で購入分の
全国発送のお仕事ですp(^^)q

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合わせを生み続けます。

 
 
 
 

朝6時から15人体制で
ドンドン収穫していますー。


メロンが終わっていたので
チョコッとぶりの早朝作業。まぁ、
早朝って行っても6時~だけど。

トウモロコシの栽培を委託している
収穫部隊の人員は
農家さんの畑に6時に集合ですp(^^)q

みんな横一列になって、
一人縦一列を受け持って
背丈より伸びたトウモロコシ畑を
収穫しながら進んでいきます。


 

うーん、ジャングル状態!!

しっかり一列ずつ見ているつもりが…
気がついたらズレてる!!(^^;)

なかなかのストレス環境でございます。
ヒゲが黒くなって、実のしっかりと
詰まったトウモロコシを見極めて

ボキッ!と下に向けて勢いよく折り
実をもぎ取ります。
たくさんなっていますわ~。
ほんと、すごい数だー( ̄□ ̄;)


 

黄色いトウモロコシはサニーショコラ。
白いトウモロコシは雪の妖精です。

どちらも生で食べておいしかった!

これは豊作間違いなし!
収穫適期のどれだけ収穫発送できるか?
が、勝負!やんぞーっ!

一日約4000本ずつ収穫・選別箱詰め
発送を行っていきます。
すべてお取り寄せ通販の発送なので
手間がかかりますが、これが志事!

鮮度バツグン採れたてトウモロコシを
あなたのお届けしていきます。


トウモロコシ第一期分。
約1週間、総力を上げて
ガンガンやっちゃいます!
--------------

【トウモロコシ収穫の練習しました】

寺坂農園の経営の特徴なのですが…
雇用中心の農業法人、
しかも季節スタッフが多いので…

毎年新人の収穫スタッフがいます。
しっかり、実の詰まりの見極めを
教えて覚えてもらう必要があります。

また、作業の流れも
一日を通した作業の流れも
知ってもらう必要がある。

で、昨日は練習で2000本を収穫し
ゆっくりと各作業と注意点を
みんなに教え確認しながら実行。

アレが足りない、
これはどうしたっけ?
誰がどの役割をやるのか?

『練習』なだけに、スムーズにいかず
かなりストレスを感じたけど、
やってよかった!収穫の練習。

一番クラァ~ってきたのは…

トラクター後ろに付ける
バックリフトの設定・調整が悪く
作業中に油圧ホースが破裂っ!
オイルが噴き出したとき~(T_T)

そこで全員作業中止~。
しばらく待機となりました…トホホ。

挑戦し続ける限り、
いろんな壁がやってきて、
自分を組織を成長させてくれます(^^;)

今日からの収穫スタート
かなり順調にスムーズに進みました(^^)
行程の確認、練習、
事前打ち合わせって大事だね!

トウモロコシ収穫・発送の練習、
昨日やっていてよかったー。

 

ではでは、今日から約1週間。
毎日いろんな物語が生まれますが
トウモロコシの収穫お取り寄せ通販の
発送をやりまくります!

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合わせを生み続けます。

 

「ネットをやっている、
そのメリットとデメリットを
教えてください」


おぉ~、いい質問だなぁ。
23日に帯広農業高等学校の
農業科学科40名の生徒さんが
視察研修でご来園でした。

メロンが残り少なくて残念でしたが
メロン栽培についてガーッとと説明、
力を入れて取り組んでいる土作りを
中心にお話しました。


そして寺坂農園の特徴である
農家が取り組む産直・直販について
お客様と関係を深める方法や
経営内容につい主に説明しました。

いやぁ~、午後イチの視察だし
畑作農業関係の後継者が多いから
今日の話は圏外、居眠り多発かな…

って思っていたのに、
みんな真剣な目つきで、しっかりと
お話を聴いてくれて嬉しかったです!

メロンおじさん(私)話に
熱が入りました。
あ、それはいつものことか…(^^;)

除草剤散布事件に関しては
説明が難しかったけど
事実のみお伝えしました。
人生、いろんなことがありますわ。

最後に質問コーナーでは
いろんな質問がでました。
で、生徒さんから出た冒頭の質問

「ネットをやっている、そのメリットとデメリットを教えてください」

うわー、ちょっと難しい質問だね。
幅が広いというか…

まぁ、寺坂農園のような経営だと
産直・直販を取り組む農家だと
webの利用、SNSの利用は効果絶大。

地方の田舎に居ながらにして
全国のお客様、人とつながれるのは
夢のような現実です。

しかも『SNS+スマホ』の時代、
24時間ゆるく誰とでもつながれる
夢のような時代になった。

しかしながらSNSやスマホ、webは
あくまでも道具であり手段。

大切なのは、
農業の現場で起きていること
感じていること、考えていることを

伝えて、相手に伝わる。ことが大事。
伝えるだけじゃ、ダメですよー。
伝わる、ように気持ちを込めて
感情も含めてしっかり書かなきゃ。

しっかり情報発信すること
相手に共感してもらえること。
を大切にSNSやブログを楽しんでます。

結果的に…お客様や当農園に興味を
もっていてSNS等で繋がっている方は
寺坂農園のことをすごくよく知っていて
考え方や農業へ姿勢や番犬のことも
1年を通じての出来事を知っている。

これはすごいことだ。
15年前なら紙媒体のニュースレター
ぐらいしか伝える方法が無かった…。

で、デメリットは…これもある(^_^;)

全国のお客様に向けて投稿しているのに
一番記事を読んでいるのは
『周囲の農家さん』

記事に上げたことの一部をネタに
揚げ足とるかのように
アレコレ言われるのがキツいですね。
ほんと、よく読んでくれています(笑)

あと、詐欺が来ますね。
これはなかなか手強いね。
勉強代がかかることも、あるー(T_T)

そしてモンスタークレーマー。
こいつも対処方法を知らないと
かなりやっかいだ。

 

ですが、それを補って有り余るほど

 

webの活用、SNSブログの活用は
メリットが大きいです。

地方・田舎での農業が、
とーっても楽しくなるツール。

逆に、地方・田舎の方がいいかもしれない
今までは考えられないほど
人と日とが繋がりやすくなったツールです。
いい時代に生まれたもんだ(^-^)

私の中では優先順位1位です。
それは、社長以上に情熱を持って
農業を経営をしている人はいないから。

社長自らの情報発信が
一番伝わると考えています。

情報発信しないと、伝わらない。
伝わらなかったら、
社会に存在していないことと同じ。
誰にも興味を持ってもらえません。

あくまでも“当農園の経営方法では”
webやSNSの活用はとっても
おもしろいしお客様との関係が
深まって農業がよりおもしろくなる。

と、感じています。情報技術の
世界ってあっという間に発展して
社会ってドンドンよくなっていきますね。

寺坂農園のようにお客様と直接繋がり
産地直送でおいしさをお届けする農業は
web、SNS、ブログなどは
ガンガン楽しくやっていきたいですね。

こんなに立派な後継者がいるなんて
十勝の農業の強さ、底力を感じる
すばらしい学生さん達でした。

今日は帯広農業高校の視察研修で
質問を受けたことに答えた
お話でした。

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合わせを生み続けましょう。

まっずーーーいっ!!(^◇^;)
実が詰まってきているじゃないかぁー。
ゆ、油断していたわ…


トウモロコシ畑を見にいきました。
お盆頃気温が涼しかったので
積算温度がまだだろう…
って想像してたわー。ハズレた(ToT)

寺坂農園はほぼメロン専門農家なので


アスパラガスやトウモロコシ、ジャガイモ
かぼちゃ、玉ねぎ、人参、雪下キャベツなどは
仲間の専門プロ農家に育ててもらっています^_^

メロンの片付け、最後の発送があって

寺坂農園から約8kmほど離れた
トウモロコシ畑を見に行っていませんでした。

お盆前に見に行った時は…
「うーん、9月5日頃から収穫開始かな」
って、長年の勘 を働かせてたさ。

気持ちよく外したね f^_^;
めっちゃ順調に実が詰まってる。



これは29日からホワイトトウモロコシ
雪の妖精 から収穫開始しなきゃっ!!

えっと、現在、寺坂農園は
ワタワタしています!!!
トウモロコシが始まるぞー。

↑サニーショコラは、あと5日後ぐらいですねー

 

まずは、メロン選果場を片付けて

とうもろこしの収穫準備、そして
お取り寄せ通販の発送準備です。

事務所内もワタワタしています…
やっとこ、青肉メロン オルフェの
キャンセルお願い電話の業務が
目処ついたばっかりでした…。

忙しいことは、いいことだ!
それだけ、
社会に価値あるものを提供できて
お客様に喜んでもらえるのだ(^○^)

仕合わせづくりいっぱいできるのだ。
しかもこの畑、トウモロコシが豊作だ。
生産者の情熱と気合が伝わってくる。


よーし、ガンガンやっちゃるぜ!
社員・スタッフのみんなも
もうひと祭り、やっちゃいましょう♪

この試し採りのトウモロコシ。
家族で試食してみたんだけど
十分美味しかったーーー!

トウモロコシ収獲・発送開始
2日前の心境をお伝えしました( ̄^ ̄)ゞ

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合せを生み続けましょう。

寂しくもあり、ホッとした感もあり…
たくさんのご注文、直売所での購入
応援、激励、ご支持をありがとうございました。


お客様に支えられて
社員・スタッフさんにも支えられて
今年の寺坂農園事務所ミッション

甘くて美味しいメロンをぜんこくにお届け
して「おいしいっ」と喜んでもらう!

この使命を遂行することができました。
本当にありがとうございました。

とっても充実したやりがいのある
早春〜夏を駆け抜けましたぁ!!!!


 

まぁ、悔やまれるのは…

 

8月上旬〜中旬収穫予定の
青肉メロン オルフェをふくむ6棟の
除草剤散布全滅事件。

本気で悔しくて、怒りを抑えられない
非道な犯罪行為でした。
犯人逮捕を願うばかりです。


 

しかし、悪いことばかりではありません。

6月下旬から始まった加温栽培の
初物メロンから甘くて大きく豊作スタート。

しかも、直売所がオープンできないぐらい
お取り寄せ通販での購入が多く
ぼぼ、通販での全国発送で売り切れました。
ありがとうございます!

そして7月のお中元ギフトシーズン。
メロン直売所オープン観光の季節となり
この時期のメロンも大豊作に。

ずーっと大きくて特大サイズを中心に
甘いメロンが採れ続けました。
いやぁ〜7がつはとにかく収穫しまくった!!

大雨もなく、天候にも恵まれて
気持ちよくメロンが採れ続けて
お客様へ発送し続けました。
8月5日頃までは順調でした^_^

その後は…先にかいたとおり。くぅ。
被害のなかった6棟のメロンを大切に
守り育ててしっかり収穫しました。


そして昨日25日が
えーっと約100球ほどの収穫量かな。
2017年寺坂農園事務所のメロン栽培
直接販売ミッションが完了したのでした。

改めて、支えていただいた皆さんに
感謝と御礼の気持ちを込めて
ありがとうございました!!

 

メロン片付け作業、そして緑肥栽培の
作業も順調に進んでいて

ハウスビニールが片付いていって、
メロン畑がどんどんヒマワリ畑に、
えん麦畑に様変わりしていってます。

ホッとするのもつかの間…
昨日の夕方、トウモロコシ畑を見にいったら
ゲッ!かなり実が入ってきている!!

こりゃぁ来週早々から収穫開始だ!
メロン選果場片付け急げー
トウモロコシの段ボール作らなきゃー
てんやわんやが続きます。

メロン終了、感謝と御礼の気持ちを込めて
今日の投稿とさせていただきますm(_ _)m

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合せを生み続けます。

メロン畑片付け作業の毎日です。
ハウスビニールの巻き上げ作業。


北海道・中富良野町地域では
冬が来る前にビニールハウスのビニールを
全部片付けなければなりません。

積雪により重みで倒壊するからです。
春に33棟苦労してぜーんぶ掛けたのに
もう、ぜーんぶ片付けなければダメ。

北海道の農業って厳しいハンデ戦…
と感じるのですが、メリットもたくさん。
夏に秋に美味しい農産物が
たくさんとれる地理的気候的メリット。

悲観せずにいきているこの地の
恩恵を最大に生かした
そんな農業を持続していきたいです。

 

で、掛けたビニールを全部片付けるのですが、方法は2つ。

・下ろして、ぴっぱってたたんで
格納庫内に収納する。

・ハウスサイドの換気用巻上げパイプを
使って、そのまま天井まで巻き上げて
天井パイプに縛り付けて冬を越す。

前者は平均100mの長さがあるビニールを
33棟も下ろしてたたんで、格納するって
ビニール1棟分って重さ80kgあるのかな…
収納場所も含めて現実的に難しい。


で、後者の全て巻き上げる!
という方法をとっています。
これなら雪が降っても積もらないので
ハウスは倒壊しません。

来春、クルクルと巻き下ろせば
ハウスビニールが綺麗にかかるし。

しかしこの方法もなかなか大変で
現在のようにスムーズに巻き上げて
来春は店長できるようになるまでには
たくさんの失敗をしてきたのでした…


このビニール巻き上げ収納法での
たくさんの失敗体験とその克服した手法
蓄積したノウハウは、公開OKですが
書くとながーくなるので…
次の機会に!

 

メロンビニールハウス内に育っているのは

前回紹介した緑肥栽培の
ひまわりとえん麦です。

ビニールを巻き上げて、雨が当たる
ようになると、生育が加速します。
土作りが進むのです♪
だから、この仕事もサクサク進めたいのです。

寺坂農園では農POふぃるむを
約4年、正確には4シーズン使って
交換しています。

どの程度まで使って、フィルム劣化と
透明度、防霧性能が続いているかなど
コストを考えながら交換タイミングを
見極めています。

今日も畑のスタッフは全員、
メロン畑片付け作業に頑張ります。
そして、今日はメロン収穫最終日。

心を込めて、お取り寄せ通販でご注文
いただいたお客様にお届けします。
これで今年のメロンも、終了です。
なんか、緊張感が切れるなぁ(^_^;)

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合せを生み続けましょう♪(^ ^)

毎年毎年、何度でも何度でも
美しく咲かせてみせるぜ。


メロン畑の今をお伝えします。
ヒマワリとエン麦が発芽しました。
かわいいのぉ~。

 

メロンの収穫が終わったら

これまた人海戦術で一気にメロン残渣と
マルチシートなど資材を片付けて

エン麦とヒマワリの種をまき
わざわざ散水チューブで水をかけて
『緑肥』として育てます。

緑肥栽培は、大きく成長させた後、
秋にそのまま畑にトラクターで耕し込み
土作りとする技術です。

大きく育ったヒマワリとエン麦を
土の中に耕し込むと、繊維分、
有機物が大量に土壌混和されます。

そうすると微生物が活性化し
土も軟らかくなって
翌年のメロンが元気に生育するのです。

なので、寺坂農園では
真剣にメロン栽培後の緑肥栽培に…

えっと、
まったくお金に売上げにならないけど
かなり本気にやっています。

我ながら、マジメな農家です()v
はい、自己評価です。
えぇ、土作り大好きです♪

 

人は裏切るけど、土作りは裏切らない!

 

すごーくゆっくりだけど
やった分だけ少しずつ土が良くなり
おいしいメロンが収穫できる!

というリターンがあります。
小さな取り組みの積み重ね、
それが土作りでありメロン作りなんです。

いやぁ、農業っておもしろい。
仮説を元に土作りを粛々と行い
次年度のメロンの生育を見ながら

いろいろ考えて、
土が畑がもっとよくなる取り組みに
思考を巡らせる…

農業はクリエイティブでおもしろい。
なかなかうまくいかないから
困難だからこそ、おもしろいです。

話は戻って、経験からだけど…
ヒマワリ緑肥栽培後、冬を迎え
翌年春からのメロン栽培してみると
なんか生育がいい。

具体的数値とかデータとか
まったくないのだけど…

経験で見た目で、なんとなく
ヒマワリ栽培後のメロン生育はいい感じ。
だから、片付け作業を急いでます。

急ぐ理由は
北海道・富良野地域では
8/15ぐらいまでにヒマワリの種を
まかないと…

10月上旬の耕し込む最終時期までに
(この時期以降は気温低下し雨が多く
畑を耕すことができなくなります。)

ヒマワリがある程度の生育量を
確保することができなくなります。

ヒマワリは寒さに弱いのですね。
エン麦は寒さに強いけど…

ですので、8月15日以降に緑肥栽培
する場合は『エン麦』のみ育てます。
寒い秋でもグングン伸びるからです。

 

「できるだけ緑肥栽培では、ヒマワリの種をまきたいっ!」

それが私の願い(^人^)

だからメロン収穫後の片付け作業を
スピーディーに進めたいのです。
スタッフみんな、頑張ってます!
ありがとうーーー。

↓9月中旬にはこうなる予定(昨年の秋のメロン畑です)


↑去年のメロン畑。今年はうまくいくのか?!

緑肥栽培にマニアックに取り組む
メロン農家のお話でした。
怖くて、どれだけコストと労賃かかって
いるか?計算したくないですー

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合わせを生み続けます♪(^^)/

寺坂農園流メロン収穫方法を
研修生2名にマンツーマン指導です。


今朝はメロン収穫日。
今日は300玉ぐらい採れたかな…。
あと2日収穫休んで
25日がメロン収穫最終日に。

これで2017年のメロンは終了です。
6月下旬~初物メロンが始まって
たくさん、たくさん収穫した豊作の7月。

8月は…残念ながら
6棟全滅で残った5棟ぐらいしか
収穫できなかった…無念っ(>_<)

いろんなことを思い出すメロンの夏。
もうすぐ、終わりです。
感傷的になっていると…

「社長っ!
大事なことを忘れてます。
研修生2名に、メロンの収穫の仕方
教えていないですよ!」

あ、まずい。忘れてた…

2枚目、日本農業大学校から
実習生で来ている霍田(つるだ)君。


3枚目が台湾からワーホリで
研修に来ている劉(りゅう)君。
その作業を勉強している伊藤さん71歳。


いやぁ~、収穫の感覚を伝えるって
難しいですね~。
自分で収穫するにも悩んでいますから。

メロンの上についている葉の枯れ具合。
ヘタ根元の離層の出現。
ヘタ根元の色の変化。
メロンの下からの表皮の変化。

メロンをひっくり返して
2次ネットの出現具合。
おへそのひび割れ具合。

等などを“総合的に判断”して
ハサミで「チョキッ!」
めでたく収穫となりますー。

当農園は最後の最後まで攻めて

『メロンが割れる直前まで』
収穫せず味と糖度をのせていくので

時には攻めすぎて…
思いっきり肩から割れます(ToT)
攻めすぎると、こうなります。


ちょっと割れたメロンは家庭用。
少し割れたメロンはハネ品・
規格外として直売所で販売。

写真4枚目のように大きく割れた
メロンは、直売所試食用として
すべて有効に社会へ旅立ちます。

日本語がまだ片言よりちょっとできる
ぐらいの劉君に、この仕事を教えるのは
すごく大変かな…と思っていましたが

とても優秀な彼は
すぐにマスターしました(^^;)
霍田君も流石農家の息子。
覚えるのが早くてビックリでした。

感覚を伝える
って、難しいなぁ。
そんなことを感じた朝でした。

残りの研修期間も短くなってきたので
教えられることはドンドン詰め込みます!

登山の素晴らしさは…
つ、伝わったかなぁ?!

 

あぁ…メロン無くなってきて

寂しくなってきましたが…
畑の残渣など、ドンドン片付いて、
気持ちよくなってきた!\(^o^)/

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合わせを生み続けます!

ページ最上部へ