寺坂農園トップページ>寺坂農園とうもろこし・サニーショコラの紹介>寺坂農園でのトウモロコシ栽培
富良野でのトウモロコシ栽培を、寺坂祐一社長が語ってみた
サニーショコラページへ ホワイトショコラページへ 寺坂農園トップページへ
1■寺坂農園でのトウモロコシ栽培
寺坂農園では現在、トウモロコシの栽培自体は行っていません。
3.5haの耕作面積があるのですが、そこに33棟のビニールハウスを建てて
32棟がメロンのビニールハウス。
そして1棟が遮光ホワイトアスパラガス栽培のビニールハウスになっています。
通販でお届けするメロンの栽培面積を増やしていった結果、
スイートコーン栽培用の畑を確保できなくなってしまいました。
現在(2014年5月現在)では、お取り寄せ用スイートコーンは、3件の農家さんに
栽培を委託。いずれもプロのトウモロコシ栽培農家さんで、ウルトラスイート
系のとっても甘いトウモロコシを育て、寺坂農園に出荷。
当農園で選別・箱詰めし、全国へ産地直送でお届けしてます。
平成13年 2011年まで、寺坂農園でもトウモロコシ『サニーショコラ』を栽培
し、お届けしていました。
5年ぐらい、栽培から収穫、発送まで取り組みました。
そのときの経験や積み重ねてきたノウハウ・技術、気をつけていたことなど
このページでお伝えしていきます。
長文となりますが、興味がありましたら読んでみて下さい。
■スイートコーンの品種
いろいろな種類があります。甘さからみると、昔はスイート種。
それからスーパースイート種→ウルトラスイート種→ウルトラスーパースイー
ト種と甘くなっていきます。
ウルトラスーパースイート種となると、糖度はメロンを超えて18度以上になる
ことも。メチャクチャ甘くて、トウモロコシを食べた後、水を飲みたくなるぐ
らいです(笑)。品種改良の技術ってすごいですね。
また、黄色い粒だけのイエロー系。白い粒だけのホワイト系。これは数年前ま
で幻の白いトウモロコシと、呼ばれていました。
さらに、黄色が3粒に白が1粒のバイカラー系。遺伝子の掛け合わせの法則、メ
ンデルの法則がでた、白と黄色の掛け合わせ品種です。これは強くて大きく育
ちますが、今は数が少なくなったような気がします。
イエローコーンの品種としては、おひさまコーン、キャンベラ、サニーショコ
ラ、ゴールドラッシュ、味来、恵味ゴールド、ミエルコーン、など
バイカラー系のコーン品種は、ゆめのこーん、ふらのララミー、ひふみコーン、
カクテル、一昔前だとピーターコーン、など
ホワイト系の品種として、バニラッシュ、ピュアホワイト、ホワイトショコラ、
など。
上記は青果としての生食用ですが、ほかにポップコーン用、飼料用のデントコ
ーンなどの品種もあります。
  前へ
次へ
サニーショコラページへ ホワイトショコラページへ 寺坂農園トップページへ