【北海道米ネット販売研修会】北海道農政部農産振興課 主催!

【直販するぞ!って決めたとき、
ます最初の集客は何から始めるか?】
 
昨日の札幌講演から戻りました!
道中、雪が融けて路面が出ているので
車の運転が楽になりましたね~。


 
約30名の参加がありました。
農家さんは、沼田町からの参加が
とっても多かった。確か9名も。
 
そして米穀問屋会社さんの
参加も多かったですね。
今取り組んでいるお米のネット販売を
てこ入れするヒントを得たいとのこと。
 
いつものメロンを中心とした
通販・直販の取り組みを
『お米の販売』
に絡めてお話しました。
 
最後に質疑応答が30分あったのですが
とってもいい質問がたくさん出て
答える私も白熱しました!
 

農家の直販。さぁ、集客は何か手を付ける?

 
「いろんな販売手法、
集客の取り組みがありますけど、
もし、
寺坂さんがゼロから始めるとしたら
何から始めますか?」
 
そうですね…。
現在、寺坂農園ではお客様と出合い
ご縁をいただくきっかけとしては
 
・直営のメロン直売所
・webページ、ネット検索から
・テレビやラジオに出演した
・Facebookの繋がりから
・twitterから
・バスで来る農園観光
 
ここから購入、その後リピートで
ご注文を頂けるようになっています。
 
もし、私がゼロから直販を始める、
としたら、何からやるかな…。
 
やっぱり、Fecebookから、かな。
企業ページと、
個人アカウントのページを作って、
 
「読んで良かった」
「へぇ~、そうなんだ」
「おもしろかった」
「読んで、勉強になったなぁ」
 
そんな記事を毎日投稿し続けます。
 
そして気になる人を見つけては
メッセージを添えて友達リクエストを
申請し、繋がりを増やしていきます。
 
毎日、農園で起きたこと、
身の回りで起きたことを投稿して、
将来お客様になるかも知れない
記事を読んでくれる人に対して
情報発信を続けていきます。
 
もちろん、
コメントをいただいたら
必ず返信。
常識です(^_-)
交流が一番大切ですから。
 
そうやって人間関係を深めていって
季節に応じた農業の様子を伝え続け
月日が経過し収穫時期を迎えたとき、
 
「メロンが収穫できました!」
と紹介すると、
嬉しいことにご注文いただけます(^^)
 
感覚で言ったら…
北海道のど田舎、田んぼの真ん中に
居ながらにして、全国を相手に
八百屋さんをやっているような感じです。
 
今、自分の体験している農業、
ストーリーをそのまま伝えられる。
自分の人生に巻き込むことができるんですね。
 
もう、夢のような時代です(^^)
みんながスマホを持ちSNSをやっている。
地方の農家が24時間、
お客様とつながることができる。
 
ここに注力しない手はない!
もう、アナログもデジタルも無いね。
すべてがリアル。
 
人と人がつながりやすくなったんだ。
いつでもつながっていられる。
小さな農家にとって、
これほど使えるツールはありません。
 
だから、まずFacebookから始めますね。
その次は…ブログかな。
そしてtwitttea。ホームページ。
 
直営のリアル店舗直売所、
観光バス受け入れ等、少しずつ
集客の幅を持たせていきます。
 
最初、どうやって
お客様とつながっていくか?
 
必死に知恵を絞りましょう!
失敗してもいいから、できるだけ
いろんな事に取り組みましょう。
 
そんな回答をさせていただきました。
 
質問の時間は、
自分が一番勉強になります。
だから、大好きな時間なんです(^^)
 
参加者の皆様、ありがとうございました。
懇親会もにぎやかに盛り上がり
とても楽しい時間を過ごしました。
 
さぁ、午後からはまた
2冊目の執筆に集中します!
 
では今日もたくさんの
仕合わせを生み続けましょう♪
(^^)/

ページ最上部へ