グリーンゼリーメロンの最期。
富良野メロンの可能性を探究、10品種試験栽培の報告動画です。残念ながら、一番ドキドキワクワクしていたメロン品種『グリーンゼリーメロン』。

作り方、育て方などまったく分からずで、新入社員2人がネットで調べたりして、地這い栽培から立体栽培に変更。

支柱を立て、ネットを張り、メロンのツルを空中に誘引して…、と、頑張っていました。

が、がっ!!
メロンの花が、咲く気配が全くなく…。
雌花も、雄花も、まったくなく…。
ツルはグングン伸びて行くも、下から枯れ始めて…。

決断。
ダメだこりゃ(ToT)
ツルと葉だけ育って、意味がないーっ。

抜いて廃棄処分となりました…。

考察。
おそらく、メロンの苗を植えたときの低温障害で、花芽が分化しなかったと思われます。

グリーンゼリーメロンから言わせれば
「こんな寒いところに植えやがって今年の北海道・富良野は!寒くてかなわん。こんなところで、子育てできるかっ」

きっとそんな思いだったと思われます…。
もっと温度が必要な、高温を好むメロン品種なんですね。コレも経験としよう。

反省だ。来年はリベンジでトゲトゲしたメロン果実・グリーンゼリーメロンを立体栽培で成らしたいもんだ。

整枝の方法も、種苗メーカーにしっかり聞いて、確立したいところです。

この動画の撮影後、ズボッと株を引き抜いて、廃棄処分させて頂きました。アーメン(>人<;)

メロン10品種試験栽培の経過報告でした。残った9品種は、収穫まで後10日ぐらいかな♪ワクワクしますわー。
試食会も楽しみです(^_^)

では今日も農業を通じて『自分』と『自分の周囲の人』の幸せを生み続けます。

寺坂祐一

北海道・富良野からおいしいメロン・野菜を全国にお届けし、お客様に「おいしいっ」と喜んでほしい』を理念と据え、産地直送に取り組む農業を続けています。