『あなたに奇跡と幸運があふれだす 「ゆるふあ」の魔法』..

20~40代の女性におススメ!

~自分を愛して、人生を激変させる17のヒント~


葵井 美香子 (Mikako Aoi)さん著。
1日で一気に読みましたー。
恋愛小説になっていて、おもしろかった。

ですが、心理カウンセラーの視点から
『自分を愛して、人生を激変させる17のヒント』
が、しっかり学べる本。

ストーリーを読み続けると、
なんか感覚的にすごくわかりやすく腑に落ちる、
そんな自己啓発書でございます。

 

ストーリーがよかった!

ネタバレになるから、説明しないけど
なかなかのラブストーリーだったなぁ。
もうね、素敵な小説として読んでもいいと思う。

そのプロセスで、気付きがいっぱいある。
生き方を、考え方を、感じ方をチェンジできる
そんな本です。

著者の葵井さんが提唱する
「ゆるふわ」で生きること。

21pから引用します。
---ここから-----
ゆるふわの魔法とは…

○心と体がゆるっとふわっと軽やかで
リラックスしている状態を「ゆるふあ」といいます。

○「ゆるふわ」でいると、自分はどうしたいか
どうありたいか、自分の心と体の声が
わかりやすくなります。

○「ゆるふあ」であればあるほど、
幸せを感じることが増えたり、
自然と物事がうまくいったりします。

○心と体をゆるめると、ふわっとうまくいく。
それが「ゆるふわの魔法」なのです。

----ここまで-----

 

自分もよく自己啓発や成功本を読みましたが

「ワクワクを選ぶ」「ドキドキする方を選ぶ」
「好きなことをする」「楽しい方を選ぶ」
など、より良い人生を生きて
自己実現目指していろんなコツがありますが…

この「ゆるふあ」を選ぶって、
すんごい感覚的にわかりやすい。
女性的でいい感じです。

腑に落ちまくりの各章でございました。
私も先月、大好きだったコーヒーを手放したので
118pのストーリーは納得。

 

一番こころに響いたのは第3の物語 165p

■自分の「部屋」のことをしよう

私も心理的に自他境界線が曖昧で
しかも「感覚処理過敏症 HSP気質」なので
他人に振り回されること、多かった。

こういう気質だと、ネガティブエネルギーを
もったい人に狙われてしまうので
おもいっきり心の「自分の部屋」を
荒らされていました。はぁ。

今はだいぶん、自他境界線を明確にして
相手は相手、自分は自分。
心のバリアーで自分を守っています。

目立っているからか…
攻撃してくる人、いる。妬みなのかな…。
ごくごく一部の人なんだけどね…。

多くの人はいい人で応援してくれていることを
忘れないようにして生きます(^^)

で、165pの12番目のヒント
【自分の「部屋」のことをしよう】
のお話は、とーっても納得。

いつもギリギリなって仕事を押しつけて
振り回してくる男の年上課長と
それを断れない35才女性事務職の関係で
物語が進んでいきます。

「いい人間関係でいられる方法」
が書かれているので、
ピンときた人は読んで欲しいです。
依存関係から抜け出して欲しいなぁ。

 

イマイチ人生がうまくいっていない人。
成幸したい人。
他人の目がいつも気になる人。

いつも他者と自分を比べてしまう人。
人の悪口を聞いているのがイヤな人。
職場の人間関係で悩んでいる人。
HSP気質のあなた。

そんな方に是非読んで欲しいです。
きっと、この本によいヒントがありますよ。

恋愛小説としても、秀作です!

主人公が女性ですから、女性が読むと
自己投影しやすくてのめり込めて楽しめるハズ。

おじさんの私が読んでも
グングン読み進めたくなるおもしろさでした。

この本を気持ちよく読み終えて
昨夜はよーく眠りましたが、
いい夢を見ましたよ~(^o^)

著者の 葵井 美香子 (Mikako Aoi)さん、
素敵な本を出版していただき、感謝です(^人^)

読書の秋、最幸です。
読書は簡単にできる自己投資。
本との出会いは、人との出会い。
人との出会いで人生は変わる!

ということで、本を読みましょう♪(^_-)

では今日も農業を通じてたくさんの
仕合わせを生み続けます。

ページ最上部へ